激アツプロ野球人の巨人全力最新情報!

巨人の最新情報、野球情報、グッズ情報等、野球に関するいろいろを発信するサイトです。とにかく巨人・プロ野球に関することばかり書いていきます!野球の見方をたくさん学んで、より楽しく野球観戦しましょう!

    激熱プロ野球ブログ更新します!!

    野球知識検定4級。

    大学時代は巨人戦1シーズンすべての試合(当時144試合)をテレビ観戦した野球大好きな人です!!

    全球場制覇がまず目標です!!



    2017年4月25日


    マツダスタジアムでの巨人対広島。


    菅野圧巻の投球!


    完封勝利を果たしました!!


    ・本日の菅野のピッチング!


    菅野はよく曲がるスライダーとよく曲がるカットボール。

    よく曲がるフォークとよく曲がるワンシームを中心に、広島打線を次々と打ち取る。


    試合が動いたのは4回

    2013年は東北のチームに在籍していたケーシー・マギーの一発。

    俺をなめるな

    と言わんばかりに、ど真ん中のカーブを引っ叩いた。

    グラウンドを一周するマギーの姿からは

    この後は守備でも魅せる!強烈なサードライナーも横っ飛びで取ってやる!」

    という強い意志が感じられた。


    このホームランの後の広島の攻撃

    菅野は丸、・鈴木と打ち取った後、広島に現れしアンパンマンこと松山にスリーベースを浴びる。

    その後のバッターは阿部じゃない方の安部。

    ここが一つの分岐点だった。

    第1打席外の変化球で打ち取っていたこともあり、最後は内角勝負だった。

    それに安部は上手く対応した。

    だが、若干詰まっていた。

    打った瞬間ライトフライだと私は確信した。

    いい当たりではあったが、詰まってはいたからだ。


    その後の菅野は球数少なく、これまでの菅野の課題である「球数の多さ」を克服するようなピッチング。

    スイスイと試合は進んでいった。



    しかし、8回

    先頭の西川にヒットを許すと、続く石原にはバント失敗を許してしまう。

    1アウトランナー1塁。

    ここでバッターエルドレッド。

    緊迫する場面だったが、ボール球のスライダーを振ってくれて助かる。

    しかし、続く田中にヒットを許し2アウト2.3塁。

    ここが今日の試合最大の山場だったと言っていいだろう。

    スライダーにあまりタイミングがあってなかった菊池に対して、そのスライダーを活かすための初球インコース真っすぐ。

    それを捉えられた!

    打った瞬間

    やられた!

    と思った。

    しかし、ボールはマギーのグラブの中へ!!

    助かった。

    この後は守備でも魅せる!強烈なサードライナーも横っ飛びで取ってやる!」

    というマギーの気持ちが勝った。



    巨人打線は最後までチャンスを活かせず、1得点。

    9回を迎える。

    9回1点差、3番丸から。

    そんな丸に対して、インコースのスライダーやカットを怯まず投げた。

    丸を三振に打ち取ると、次の鈴木をセカンドフライ、松山もセカンドフライに打ちとり、菅野は2試合連続完封勝利!

    見事なピッチングだった。


    ・まとめ


    今日の菅野は素晴らしいピッチング!

    前回に続いて完封勝利!

    しかし、去年もここから勝ちが伸びなかった。

    4月はよかった。

    5月も勝ち運に恵まれることを祈るばかりだ!!







    誰がここまでの惨状を予想しただろうか?


    2016年オフ、2年連続V逸の巨人は大型補強を決行!


    FA、トレード、新外国人


    次から次へと補強した。


    その補強の中心FA


    今や1人も1軍にいない。


    ・FA組全員2軍以下


    山口俊に関しては、もともと肩の怪我があった。

    去年のクライマックスシリーズも登板を回避。

    想定内の離脱だ。

    予想以上に長引いている感はあるが、想定内。

    6連戦が続く中盤以降に戻ってきてほしいところだ。


    次に陽。

    陽がいることで、打線に軸ができ、安心して若手が使えるというメリットがあった。

    特にレフトに岡本を使うという点では非常にメリットがあった。

    陽の守備力があれば、レフトに多少守備力がない選手がきても、大丈夫だった。

    軸がしっかりしてこそ、若手を育てられる。

    それが巨人の考え方。

    その考え方で言うなら、陽の存在は案外大きいものになっていたはずだ。

    しかし、怪我。

    日本ハム時代から、怪我があった選手なので、こちらも想定内ではあるが、130試合ぐらいは出てほしかった選手である。

    今年は100試合出れないかもしれない。



    森福2軍落ち


    森福は怪我せず、開幕1軍スタート。

    しかし、オープン戦から不安を露呈していた。

    主力選手なので、オープン戦はまだ・・・

    等とは言っていられなかった。

    シーズン開幕後も、安定せず。

    開幕早々打ち込まれる登板が続き、2連敗も記録。

    2軍落ちとなった。


    ・ネタとしては面白い


    このような現状に驚いてるのは誰だろうか?

    堤GMに率直な感想を聞いてみたい。

    どう考えているのだろうか?

    想定外」なのか「想定内」なのか?

    非常に興味深い。

    GMは補強の責任者であるはずなので、いろいろ感じるところはあるはず。

    是非、東京スポーツさんに取材をお願いしたいところだ!



    ・FAなしでやるしかない!!


    FA組がいない中で、頑張るしかない。

    篠原や池田も出てきた!!

    野手はなんとか持ちこたえている状況!!

    そして、愛しのカミネロ頼んだ!!!

    もう一度言おう!!

    愛しのカミネロ頼んだ!!!







    4月22日阪神戦!


    4月も下旬になってきました。


    そんな中、村田修一が今季初スタメン


    4番です!!


    ・村田修一、開幕18試合目で初スタメン


    今シーズン18試合目

    初めてスタメンに名を連ねた村田修一!

    休養の阿部に代わって、スタメンに入りました。

    気になる結果は・・・


    三振 三振


    ・坂本の芸術的ヒット


    坂本が曲芸ともいえるセンター前ヒット!

    低めのボールをセンター前へ!

    いや、地面スレスレのボールをセンター前へ!


    さすが2016年度首位打者!

    曲芸バッティングを見せてくれました。

    打った後の坂本のコメントは「とにかく当てようと考えた

    去年から行っている右足に体重を残すバッティング

    そして、今年のキャンプから更に意識したインサイドアウトの強化。

    それが体に染みついてきて、選手として最高の状態を迎えている結果!!

    選手として、絶頂期を迎えています!!



    ・まとめ


    要所要所で、効果的な追加点を得て、理想的な試合展開だった今日の巨人。

    投手陣も好調、田口も2勝目を挙げました!!

    カード勝ち越しを懸けて、明日は内海哲也が登板します!

    この時期は大型連勝はいいので、じわじわ勝って、チームの形を整えていきたいです!!








    巨人にFA移籍した森福允彦


    しかし、開幕から思うような成績が残せていません。


    遂にビハインド場面でも登板するようになり、今日は左打者にも3打数2安打と打ち込まれました。


    ・森福はリリーフ陣を助けてくれる!はずが・・・


    森福は終盤を任せるリリーフ陣の補強として、ジャイアンツに加入!

    勝利の方程式の一角を担い、巨人のリリーフ陣を支え、リリーフ陣が一気に強化!!!

    されるというお花畑的な考えのように現実はならず・・・

    中継ぎの中で、一番打ち込まれているピッチャーに森福は成り下がってしまいました。

    左のリリーフ陣で見ると、一番いい結果を残しているのが池田。

    もう森福のポジションを奪ってしまうかもしれません。

    投球内容もよく、池田は接戦でも使われるようになるでしょう。

    森福はますます厳しいポジションになっていきそうです。


    ・森福をどうするのか?


    森福をどうするのか?

    これが今後の課題となりそうです。

    右打者には長打を浴び、左打者にもヒットを打たれるようになった森福。

    なかなか使いどころが難しいです。

    残念ながら、接戦では使いにくい投手になってしまいまいました!!

    どこで起用すればいいのだ!?森福!!!


    ・まとめ


    マシソン・カミネロに続く選手がいない現状。

    今後どのように起用していくのでしょうか??

    森福の起用どうする!!??





    育成契約から支配下登録された篠原慎平!


    その篠原がプロ初登板初勝利!!


    見事な活躍でした!!


    そんな篠原に続く選手はいるのか?


    巨人の2軍を探ってみたいと思います!!



    ・篠原支配下登録後の巨人育成選手一覧


    篠原選手が支配下登録された後の巨人育成選手がこちらです!!


    川相拓也
    田中貴也
    高橋洸
    青山誠
    成瀬功亮
    増田大輝
    土田瑞起
    田島洸成
    大竹秀義
    坂口正規
    田中大輝
    山川和大
    坂本工宜
    高井俊
    堀岡隼人
    橋本篤郎
    矢島陽平
    ソリマン
    アダメス
    メルセデス
    高木京介
    高山竜太朗
    マルティネス
    松原聖弥
    松澤裕介



    かなりたくさんいることが分かります。

    この中から支配下を掴み取る選手は出てくるのでしょうか??


    ・次の支配下田中貴也!?


    育成契約から支配下になるには実力はもちろん、選手構成や運も必要!!

    そんな中で、次に支配下が期待されるのが田中貴也。

    2軍の試合に出場しているのはもちろん、巨人のキャッチャー陣の層が薄いので、可能性はあります!

    チャンスはあります!

    試合に出て、結果を残せば支配下が見えてくるはず!!

    今後の活躍を期待したいです!!


    ・育成選手まとめ


    オープン戦に出場した育成選手として、他には増田大輝が挙げられます。

    このように育成選手でも、チャンスは少ないながらあります。

    支配下の枠は少ないですが、その少ない枠を勝ち取ってもらいたいです!!

    育成選手頑張れ!!
     

    このページのトップヘ