巨人の岡本和真がレフトの守備をするのではないかと話題になっています。



果たしてどうなんでしょうか!?



迫ってみたいと思います。



・2016年岡本和真の1軍成績と2軍成績


今季の岡本はほとんど2軍での出場でした


そんな岡本の2軍での成績は


試96 .261 18本 74打点


打点が素晴らしいです。


もう少し伸びてほしいのはホームランと打率といったところでしょうか?


ちなみに、一軍での成績は


試3 .100 0本 0打点


ちょっと寂しいですね



打撃能力の更なる飛躍を期待したいところですが、どうしたら岡本がレギュラーになれるのか?



書いてみました。


・岡本は守備が出来ればレギュラーは間違い


岡本の現在の立ち位置は2軍選手。


今季はほとんど1軍に上がることはありませんでした。   

   
そんな岡本は1軍に行くには何が足りないのか??


もちろん守備・走塁は足りないと思います。

   
ただ、一番足りてないのは打撃です。


岡本は一軍で、1割しか打てていない。


それが現状です。


たった3試合でという考えもありますが、内容が悪かったです。


不調な時期に一軍に上がったのは不運としか言えませんが、いつ怪我人などが出て、チャンスが回ってくるかはわかりません。


そのチャンスをものにしないと、何も始まらないのです。


そして、そのために必要なのはバッティング


そう思います。



ということは



仮に岡本が井端ほど守れるようになったところで、レギュラーにはなれない。


とにかく打てなければダメなのです。


この点は高橋監督が言っている通りだと思います。

  
打撃面で、「岡本の力は必要である」と思わせない限り、レギュラーは不可能でしょう。



・岡本和真のレフト起用の是非


岡本和真をレフトで起用すること自体は構わないと思っています。


しかし、それも打撃があってこそです。


「岡本は打撃力があるから、外したくない」



となれば、西武の森友哉のように、外野でも使ってもらえる選手になります。

   
森はキャッチャーでしたが、外野起用もされました。


このように打撃力があれば、強引にポジションを空けてでも、起用してもらえるのです。


逆に守備がいくらよくなったって、岡本のようなタイプは起用されません。


打撃が持ち味の選手は打撃でアピールしなければならないのです。




・岡本はレギュラーを取れるのか?レギュラーには取り方がある。その取り方ができなければ、永久に一軍半か二軍で終わる



巨人の今のレギュラー選手がどのようにレギュラーを取ったのか?


もう一度思い返してみてもらいたいです。


坂本・長野・村田(横浜時代)・阿部


どうやってレギュラーを取ったのか?



他球団の主力にしてもそうです。


菊池・丸・田中・筒香・梶谷・山田・川端・鳥谷・大島・平田など


どのようにレギュラーを取ったのか。



それを考えてみると、レギュラーには取り方があるんだとつくづく感じます。


それは


「レギュラーを取るときは、一気に取り切らないといけない」


ということです。



それはどの球団でも同じ。


鈴木誠也や山田哲人は一気にレギュラーを取りました。


そこまでいかずとも、巨人の田口のようにレギュラーを取る人は一気に取っていくのです。


巨人は若手を起用しないとありますが、田口は十分若手です。


田口がどうやって、先発ローテを掴んだのか?


これを考えれば、その他の若手の物足りなさが分かります。


一気にレギュラーを掴まないと、永久にレギュラーは掴めません。


岡本にはまだまだチャンスがあります。


岡本の場合は


まず来年のオープン戦で結果を出し続けるしかありません。


「かつての坂本のようにチャンスを与えろ」


という人もいますが


2008年の坂本がオープン戦で、どのようなバッティングをしていたか。?


それを考えれば、岡本はまだそこに達していません。


来年のオープン戦で「結構打つなぁ」


と思われるぐらいヒットを打って、はじめて一軍でチャンスがもらえます。


オープン戦では、少なからずチャンスが与えられると思います


そこが勝負です。



岡本和真!来季オープン戦での活躍を期待する!!










<巨人補強関連記事>