ダブルプレーと言われると、皆さんどのように思うだろうか?


「何やってんだよ」


「あ~あ・・・」


そう思うのが大半だろう


もちろん、ほとんどのダブルプレーがそう。


しかし、中には素晴らしいチームバッティングとしてのダブルプレーが存在します。


それを感じたのが、8月5日。


マツダスタジアムでの阿部のダブルプレーでした。



90%以上のダブルプレーはダメ。しかし・・・


ダブルプレーにはいろいろな種類があります。


一番多いのが、内野ゴロゲッツー。


ランナー一塁の時に、ゴロを打ってしまい、チャンスを一瞬にしてつぶしてしまいます。


次に三振ゲッツー


バッターが空振り三振し、スタートしてたランナーが、刺されるというダブルプレーです。


最近は、1アウト3ボール2ストライクで、ランナーが走る場面が多いので、このプレーはそこそこ見られます。


次にライナーゲッツー


ライナーでアウトになった時に、ランナーが飛び出して、アウトになってしまうゲッツーです。


ボーンヘッドによるゲッツー


ランナーのミスで、ダブルプレーになることがあります。


ダブルプレーと言えるのかが微妙なところですが、これも含めてみました。



ゲッツーにはこのような種類がありますが、いずれにしても、2つアウトを取られるのは痛いです。


ほとんどのダブルプレーは、チャンスを逸してしまいます。


しかし、8月5日は・・・


阿部のダブルプレーの場面の状況おさらい

・試合終盤で一点ビハインド


8月5日マツダスタジアム。


阿部がダブルプレーになったのは8回裏ノーアウト1.3塁の場面


3-2で巨人が一点ビハインドの場面だった。


広島のピッチャーはジャクソンで、ジャクソン→中崎をつなぐ予定だったに違いない。


しかし、巨人打線はジャクソンを打ち崩す。


この回先頭の橋本がツーベース、続く坂本がライト前ヒットで、ノーアウトランナー1,3塁。


絶好のチャンスを迎えた。


そこで、バッターは阿部。


巨人ファンのボルテージは最高潮に達した。

・何よりも大事だったのはこの回での同点


この場面で何よりも大事なのは同点に追いつくことである。


逆転できれば最高の結果だが、まず同点である。


では、阿部にとって、最悪の結果は何か??


それは、三塁ランナーがホームに還れないことである。


すなわち、三振・内野フライ・浅い外野フライ・内野へのライナー


これらはすべて、最低の結果なのである。


内野への痛烈なライナーはいいバッティングで、惜しいのだが、結果としては最低だ。


とにかく、1点が欲しいのだ。


阿部の打席で追いつく可能性が1番高いのはゴロ


阿部の打席で、同点に追いつかなければならない。


そして、ノーアウト2.3塁。


同点に追いつく可能性があるのが、ホームラン・ヒット(ツーベース・スリーベースを含む)、犠牲フライ、内野ゴロ


そこに、スクイズ等が加わるわけだが、阿部の場合その選択肢はないだろう。


すると、この選択肢の中で、最も確率が高いのはどれか??


それは内野ゴロだろう。


ゴロを狙って、それが内野の間を抜けて、ヒットになってくれれば最高!!


というところ。


外野フライを打つのは簡単ではないし、ライナーになったらダメだ。


となると、ゴロ狙い。あばよくば、内野の間を抜けてヒット。


が最も同点の確率が高い選択肢だろう。


阿部の結果は初球を打ってダブルプレー


阿部は結果的に初球を打ってセカンドゴロダブルプレーになった。


完全にゴロ狙いだと思った。


若干体制を崩された形だが、ゴロありきのバッティングに見えた。


この場面、ゲッツーで同点でも、構わないと思っていたので、本当に素晴らしいと思った。


この場面での最悪は、三振・ライナー・浅い外野フライ・内野フライ。


なので、最悪のゲッツー」という言葉は、この場面では全く通用しないと思っている。


まとめ

・ランナー2塁で右打ちなら、ランナー1,3塁でゲッツーもあり

ランナー2塁で右打ち。


それはよく聞く。


しかし、1点が大きい場面で、「ゲッツーでいい」


この考えは見てる方には全く伝わってこない。



おそらく、ゲッツーは最悪のものという見方が一般的だろう。


プロ野球では、ゴロで点が入るなら、ゴロを打つという選択も十分にある。


それがたとえゲッツーであってもだ。


ゲッツーでもいい場面。


そして、もう1つ。


四球ありきでものを考える場面(塁を埋める場合以外でも。満塁の場面でも、押し出し覚悟で投げる)


こういうのも存在する。


こういうプロならではの駆け引き。


これがプロ野球の本当に面白いところだろ思う。









<プロ野球情報関連記事>


トライアウトから復活した選手達!石井義人、森岡良介、宮地克彦、堂上剛裕

プロ野球応援歌全球団歌詞一覧。セ・リーグ応援歌編

トライアウトから復活した選手達!石井義人、森岡良介、宮地克彦、堂上剛裕


巨人選手が出版した本一覧!長野、坂本、村田、鈴木尚広など!