巨人のキャッチャー加藤健引退。


カトケンとして、親しまれました。


そんな現役引退した加藤健選手を成績・思い出と共に振り返ってみたいと思います!


・戦力外通告後の加藤健


巨人を戦力になった加藤はトライアウトを受験。

結果は右安、二ゴロ、三振、三振、左飛

の5打数1安打でした。

一軍での実績はあるものの、声はかからず、引退となった模様です。


・加藤健の成績一覧


加藤の一軍での成績を一覧にしました。

2000 試3 .000 0本 0打点
2002 試2 .000 0本 0打点
2006 試19 .294 0本 3打点
2007 試28 .190 1本 7打点
2008 試28 .194 1本 3打点
2009 試12 .200 0本 0打点
2010 試4 .000 0本 0打点
2011 試21 .152 1本 5打点
2012 試13 .158 0本 0打点
2013 試12 .214 0本 2打点
2014 試6  .400 0本 1打点
2015 試35 .240 0本 3打点
2016 試2  .000 0本 0打点

通算 試185 .216 3本 24打点


プロ入り出場は2015年の35試合。

キャッチャー阿部の陰に隠れていましたが、一軍帯同も多かったです!!

巨人を陰で支えたキャッチャー加藤健でした!! 


・加藤健の思い出


思い出①


加藤健の思い出の1つ目は

2007年のプロ初ホームラン

2007年9月、優勝争いも佳境に入った場面で、スリーランホームランを打った加藤健。

「優勝するチームはこういうラッキーボーイが出てくる」

この時、解説していた誰かが言っていたのを覚えています(山本浩二氏だった気がします)


思い出②


2つ目は選手副会長に任命される人望。

チーム貢献に関しては、すさまじく、捕手のことに関して、加藤に聞けばだいたいわかると言われるほど

スタメン出場は少なかった加藤ですが、裏でチームに多大な貢献をしていました。


思い出③


都合の悪い記憶や、よくないことから逃げることは私は好きではありません。

現実が好きです。

なので、2012年日本シリーズの危険球騒動にも触れます。

頭に当たったか当たってないか。

今ではスローモーションビデオが発達し、いろんな判定がビデオでわかります。

頭に当たったか、頭じゃないか。

大きな騒動になりました。


思い出④


どこかのネットニュースにも、写真で取り上げられていましたが、2014年9月に内海とバッテリーを組んで、完封勝利しています。

この試合を現地で見ていましたが、内海との相性はばっちりでした。

当然、内海の調子がよかったのもあるんですが、加藤との息がぴったり。


大きなピンチなく、完封勝利しました。

その試合の内海は、球速表示ではほとんど120キロ台で、「あれ?」と内海自身が思ったと思いますが

それでも、「調子がいい」ということをピッチャーに伝えられるかがカギだと思っていました。

その役割を見事にまっとうしたようです。

「球速が出てない」という内海の不安に対して「今日はいい!」と言っていたようですから。



・加藤健まとめ


加藤が入団したのは、1998年ドラフト。

まだ長嶋監督の時です。

その頃からずっとやってきて、2016年まで現役を全うしました。

本当にお疲れさまでした!

と私は言いたいです!!

ありがとう!!加藤健!!!





<巨人補強関連記事>

山口俊巨人移籍!FA人的補償プロテクト名簿を作成してみた!

マギー巨人獲得報道は本当か?近年マギーの成績まとめ!!

巨人の2016 年ドラフトは下手だったのか?吉川尚輝、畠世周らを徹底検証!