登場人物:坂本勇人・ギャレット


・坂本とギャレットの会話~ゴールデングラブ賞~



ギ「サカモトサン!オハヨウゴザイマス!チョットオカシイコトヲハッケンシマシタ」


坂「おう。ギャレット。何?おかしいことって」


ギ「コレミテクダサイ」


坂「ん?新聞?」


ギ「ゴールデングラブショウデス!サカモトサンガエラバレテイマス!」


坂「なにがおかしいんだよ。別にいいだろ。俺だって頑張ったし」


ギ「イヤ、チガイマス。ガイヤミテクダサイ」


坂「外野?」


ギ「ワタシノナマエガドコヲミテモアリマセン」


坂「当たり前だろ(笑)無理だよ。ギャレットじゃあ」


ギ「ナゼデスカ?ワタシハガッツアフレルプレーヲミセマシタヨ」


坂「いやいや、本当に上手くないと取れないんだよ。ゴールデングラブ賞は」


ギ「ソウナンデスカ」


坂「ガッツだけじゃ取れないんだよ。上手くないと。エラーもせずに守備範囲も広い。そういう人が取る賞なんだよ」


ギ「マダオカシイコトアリマス」


坂「何?」


ギ「ファーストミテクダサイ」


坂「ファースト?」


ギ「ワタシノナマエガアリマセン」


坂「正気か。ギャレットは開幕から5月下旬までしかファーストやってないじゃないか。しかも、ショートバウンド取ってくれないし。


ギ「デモ、ワタシ、ガンバリマシタ。」


坂「頑張ったかもしれないけど、一年間頑張って、なおかつ守備が上手くないとダメなんだよ」


ギ「ウーン・・・オカシイデスネ・・・」


坂「何がだよ。なにがおかしいんだよ」


ギ「ソモソモ、ガイヤハナンデヒトククリナンデスカ?コトシノレフトノナカナラ、ワタシガイチバンノジシンアリマス!」


坂「確かに、外野だけレフト・センター・ライト全部のポジションから選ばれるね。レフトのゴールデングラブ賞とかないもんね」


ギ「レフトナライチバンノジシンアリマス!ヒロシマノエルドレッド。ヨコハマノツツゴー。バレンティン。チュウニチノフクダモシアイスウガスクナイデス。ワタシガイチバンデス!」

坂「確かに、筒香には負けるかもだけど、戦えるかもしれないな・・・って、一番足が速そうな阪神の高山隠ぺいしてんじゃねーよ!」

ギ「ギク!!ナゼキヅイタンデスカ!?」


坂「なぜじゃなくて、一球団だけ例に挙げてないのおかしいだろ。他5球団は言ってるのに」


ギ「サスガ!ゴールデングラブショウデスネ!」


坂「・・・まぁね」


※この物語はフィクションです