巨人新人合同自主トレ


吉川尚輝編とリャオ・レンレイ編とありましたが、その他にもいろいろと気になることがありました。


それらをまとめて書いていきます。


・畠世周の声と・・・


畠は声をしっかりと出していた印象です。

今は投げることが出来ないので、練習にも制限がありますが、守備練習などでは声を出していた印象があります。

なんかキャラが濃そうなイメージ(勝手なイメージ)が頭から離れません。


あと、もう一つ気になったのは打撃練習。

守備練習の後、2人1組になって、打撃練習(主にティー打撃)をしたんですが・・・

畠だけペアがおらず(おそらく怪我の影響)

寂しそうに素振りを何回かした後、他のトレーニングをするためなのか行方が見えなくなりました。

どこに行ったんでしょうか?

おそらく、私が見えないところで何かしていたんでしょう。


・池田駿投手の悔しがり


池田駿投手は守備練習で、送球が上手くいかなかった時、だいぶ悔しがっていました。

「あぁ!もう!!」

という声が観客席まで、聞こえてきました。

投手でありながら、1つ1つしっかりやる。

投手と言えど、守備練習で、きっちり送球し、ちゃんとプレーする。

そういう意識が出ていてよかったと思いました。


・高田萌生の華奢な体


高田投手は見てて「細いなぁ」と思いました。

当然、一般の人に比べれば、大きいですが、他の新人選手と比べると、華奢なイメージです。

しかし高校卒ですから、まだまだこれからです。

これから、プロで戦い抜く体を作って、将来一軍で活躍してもらいたいです。


・大江竜聖の1球1球をしっかりする姿勢


大江投手も池田投手と同様、守備練習をしっかりしていたイメージです。

きっちりやっているという印象です。

一つ一つの送球を全力に近い形で、しっかり投げていたのが印象的でした。

「投手だから、ノックはあまり関係ない」ではない!!

大江投手から感じたことです(本人が実際どう思っているかはわかりません)


・新人合同自主トレまとめ


以上が新人合同自主トレの感想です。

谷本竜平選手の感想がありません。申し訳ありません。

あまり、谷本選手を見れなかったので、キャンプ中継やオープン戦ではしっかり見ます。

皆さんの活躍を祈ってます!!!