菅野智之がチェンジアップ習得を目指している!!


そう聞きつけた我々は早速、菅野智之を徹底取材した!!


といいたいところだが、我々では取材できないので、チェンジアップについて考えてみることにしました。


・チェンジアップの効果は!?


チェンジアップは緩急をつけるのに効果的な球。

ストレートのような感じで最初は来ますが、回転数がストレートのものではないので、失速していきます。

なので、打者が待ちきれずに、タイミングがずれます。

逆に、チェンジアップを待っていると、ストレートにタイミングが合わなくなります。

このように、打者のタイミングをずらす球としてチェンジアップは有効です。


・カーブとチェンジアップ


打者のタイミングをずらす球としては、カーブがあります。

カーブも遅い球の代表で、ストレートと球速差があり、打者のタイミングをずらします。

ただ、カーブは左打者に対して(右投手の場合)内角寄りに曲がってくるので、甘くなると・・・

「バコーーーーン!!」

とやられます。

一方、チェンジアップは左打者に対して、沈みながら若干外に流れることが多いので、打者は泳がされることが多くなります。

投球の幅が広がるのです。


・菅野とチェンジアップ


菅野投手の場合、チェンジアップ習得は非常に意義深いです。

菅野投手が左打者と対戦する時、外に逃げるタイプの球はワンシームのみ。

時よりフォークも投げますが、昨シーズンはほとんど投げなかったので、実質ワンシームのみと言っていいでしょう。

ここにチェンジアップが加われば、左打者の外に逃げる球が2つになり、対左では効果大です。

菅野投手はもともとスライダーがいいピッチャーなので、それと反対方向の変化で勝負できれば、更に打ちにくくなることでしょう。


・まとめ


習得できれば、かなり有効な球「チェンジアップ」

菅野はこの球を習得することが出来るのでしょうか??

キャンプ・WBCでの注目ポイントです!!!