WBC日本代表に小林誠司捕手が選出されました。


この選出によって、2月下旬から、3月にかけて小林はチームを離れることになります。


場合によっては、オープン戦出場がないままシーズンに入るかもしれません。


そうなった場合の、巨人のキャッチャー争いについて考えてみました。


・小林誠司の代わりは!?


小林がいない間、当然ながら、他の選手がキャッチャーをすることになります。

キャンプ一軍は宇佐見、實松。

二軍キャッチャーは松崎・田中。

このあたりの選手がオープン戦に出場するでしょう。

キャンプ終盤に誰が一軍に入っているのか。

ますます注目です。


・宇佐見・田中・松崎とは!?


オープン戦の注目ポイントと言えば

新戦力の状態確認

若手選手の見極め

ポジション争い


等がありますが、小林が抜けたキャッチャー陣には試合出場経験が少ない若手が多数います。

先程挙げた宇佐見・田中・松崎は実践経験が少ないメンバー。

なので、一軍で活躍する選手も出場するオープン戦で、どんどんアピールしてもらいたいです

というわけで、この3人の選手に触れてきたいと思います。

この3人はどんな選手なのでしょうか?

宇佐見真吾


宇佐見は去年の秋季キャンプで、肩の強さを評価され、今キャンプでは一軍に抜擢。

台湾リーグにも派遣され、好成績を残しました。

小林との競争に打ち勝つには、打撃力。

これが必要になるでしょう。

打撃では宇佐見と言われるようになれば、チャンスは出てきます!

頑張ってもらいたいです!

田中貴也


田中貴也は育成選手ながら、二軍スタート。

三軍スタートの捕手もいる中では、まずまずのスタートを切っています。

その要因は、去年イースタンリーグでアピールできたことでしょう。

2軍戦12試合で、打率2割8分6厘。

ホームランも1本放っています。

プロ3年目となる今シーズン。

まずは支配下登録を目指します!!


松崎啄也


松崎はまずなんといっても、体格の大きさ。

身長174cmで、体重90キロ。

迫力ある打撃が魅力です。

去年の秋季キャンプでも、練習試合で右中間にホームランを放ちました。

当たれば飛ぶタイプです。

今後は打撃の確実性向上と、守備力向上がカギとなりそうです。


・まとめ


オープン戦に出場するという意味では、誰にでもチャンスがあります。

小林の出場がないので、ほとんど一軍経験がないメンバーが次々とキャッチャーをすることになるでしょう。

守備面が上手くいかなかったりするかもしれませんが、経験を積むにはもってこいの場です。

一軍レベルをいろんなキャッチャーに体感して、どんどん成長してもらいたいです!!