いよいよ2017年もキャンプイン!!


球春到来です。


というわけで、今日からキャンプ特集と題して、キャンプの注目ポイントを超個人的にピックアップしました。


今回は


「リャオ・レンレイのココを見る」


です!


・リャオ・レンレイの投内連携を見よう!


キャンプで必ず行われる投内連携は絶対に見なければならないポイント!


ダッシュのスピード、スムーズさ・・・

ファーストに走っていくとき、ファーストベースをどれぐらい見てしまうか?

などです。

実際には、実戦の場で見ないといけないところですが、投内連携で、ある程度わかる部分もあります。

キャンプ序盤で、実戦形式や、フリーバッティング登板はほぼないでしょうから、まずは投内連携です。



・リャオのフリーバッティング登板は絶対!


リャオがフリーバッティングに登板するかどうかは正直わかりません。

しかし、登板した場合は絶対にコントロールと球のキレを見たいところ。

ほとんど直球しか投げないと思うので、その威力と、しっかりストライクゾーンに入れれるかどうかは大注目です。

毎年キャンプ中継では、フリーバッティングを放送しています。

リャオが投げる日は絶対に見たいです!



・カウント2ボールからのリャオのピッチングに注目!


キャンプ後半には実戦形式が待っています。

そこで、注目したいのはリャオが2ボールからどういうピッチングをするのかというところ。

練習試合やオープン戦では、大きく2つ試すと思います。

「カウント2ボールから、直球を投げ込むパターン」

「カウント2ボールから、変化球でカウントを稼ぐパターン」


この2つです。


直球を投げるパターンでは、

「打者が真っすぐを待っている時に、あえて真っすぐ勝負してカウントを取れるのか?」

が試されるところです。

リャオが威力あるボールで、勝負するなら、ファールでストライクカウントを稼ぎたいところでしょう。


そして、変化球を投げるパターンでは、

「打者が真っすぐを待っている時に、変化球でストライクが取れるのか?」

が試されるところです。

打者は真っすぐ一本で待っているので、他のボールでカウントを稼げれば、大きな武器になります。


この2つのパターンが両方できて、はじめて一軍候補に名を連ねると思います。



また、2ボール1ストライクでも、同様のことが言えます。

「カウント不利な状況の中で、いかにカウントを稼いでいくか」

実戦ではここに注目していきたいと思っています。



※カウント優位を作り上げて、打ち取る姿も当然ながら必要です


・リャオ・レンレイの決め球は!?


リャオの決め球がよくわかっていないので、そこも確かめたいです。

ストレート以外に、軸となる変化球が1つでもあれば、だいぶ違ってきます。

三振がとれる変化球の存在。

これにも注目していきたいです

・まとめ


私が超個人的に見たいポイントは

「投内連携」

「フリーバッティング登板での球のキレとコントロール」

「カウント2ボールからのピッチング」

「変化球の決め球」


です。

リャオがキャンプ中継に多く映ることを期待します!