大谷翔平がWBC辞退!


その裏にはキックボクシング説があります。


自主トレ期間中に行ったキックボクシングで、足首の怪我が悪化したというのです。


今回の大谷の怪我との関係はどうなのでしょうか?


・去年の日本シリーズと侍ジャパン強化試合での大谷


去年の日本シリーズで、大谷翔平は足首を痛めました。

おそらくその時に痛めたのは事実。

足首を気にしてる仕草を大谷がしていたのを私も覚えています。

その後、日本シリーズ第六戦登板回避。

これも足首の怪我がおもわしくなかったからだと栗山監督はその後のインタビューで語っています。

少しばかりの策略も否定できませんが、当時の仕草やインタビューからして、日本シリーズで足首を痛めたのは事実。問題はその怪我の重さでした。


強化試合


その後の強化試合に大谷は選ばれ、強化試合に出場。

そこでまた痛めたということ。

私は知りたいのです。

どのプレーまたはどの瞬間に足首を悪化させたのか?

と。

どう痛めて、なぜ辞退に至ったのか。

これは知りたいです。

昨年の侍ジャパンの強化試合で、大谷は内野安打を打っています。

しかし、その直後に2塁に盗塁をしていること。

内野ゴロで、サードからホームに戻ってきていること。

内野安打の際にベースを踏んだ足が左足であること。


などから、そのプレーではないような気はしています。

真相は闇の中です。

練習中かもわかりません。


・大谷辞退とキックボクシングは関係ないというのが感想


正月にキックボクシングをしていたことが話題になっている大谷ですが・・・

キックボクシングをしている時の動きに不自然さはありません。

なので、足首に関してはほぼ問題ない。

むしろ、全くと言っていいほど問題ない状態だったんでしょう。

じゃなければ、やるはずがありません。

痛いのに思いっきり蹴っていたではなく、思い切り蹴れる状態になっていた。

と推測します。


・屋内と屋外


そもそもキックボクシングは屋内、自主トレを行うのは鎌ヶ谷。

屋内と屋外の違いを考慮に入れたいところです。

屋内で全力疾走するのと、屋外で全力疾走するのとではまるで違います。

真冬のトレーニングですから、外でトレーニングをするのはかなり寒いです。

そこで、全力疾走するわけですから、屋内のキックボクシングと一緒にできません。


・キックボクシングより、強化試合で怪我悪化の方が謎


去年の強化試合。

本当に足首の状態が悪ければ、大谷出場辞退でよかったはずです。

しかし、実際は出場。

内野安打に盗塁と大活躍です。

大谷は日本シリーズでも、最終戦の登板が予想されていました。

強化試合で怪我悪化は事実かもしれませんが、

試合に出れないほどの大きなけがだったのか疑問に残ります。

おそらく「試合には出れるが、全力では走れない」レベルでしょう。



正月にキックボクシングができていたという事実。

急な辞退。

怪我したというのなら、1月下旬に怪我が悪化」という方がしっくりきます。



・大谷のいないWBC


大谷が辞退しましたが、なんだかんだで本大会の中継が始まれば、見る人は多いでしょう。

今回の日本代表は大谷の辞退で、より大切になりました。

今回早々に敗退すれば、野球界全体が盛り下がっていくでしょう。

なので、侍ジャパンのメンバーには準決勝・決勝と進んで、野球を盛り上げていってもらいたいです。

今野球をしている子どもたちのためにも、よろしくお願いします!!