プロ野球のキャンプ中継に夜な夜な入り浸っている私。


いろいろと気になるところがキャンプにはあるのですが、その中でもキャッチャー争いは気になります!!


そこで、今回は巨人の正捕手候補小林誠司と宇佐見真吾のバッティングを比較してみました。


・小林誠司のフリーバッティング


小林のバッティング練習を見ると、とても力強い打球が飛んでいます。

スイングスピードが一段と増したように見え、自主トレの効果があったと言っていいでしょう。

ただ、引っ張る打球は威力があるものの、センターから右方向への打撃はほとんど見られません。

流して打った打球もあるにはありますが、鋭いと思わせる打球はありませんでした。

フラフラとライト前に落ちるあたりがほとんどです。

右中間を破るような痛烈な当たりとなると、ほぼ見ることができません。

引っ張りのホームランが多い。

これが小林のフリーバッティングでの印象です。



・宇佐見真吾のフリーバッティング


宇佐見真吾は打球を広角に打ち分けていました。

インコースは引っ張り、アウトコースは流し打っていました。

これは非常にいいことだと思います。

左中間にもいい打球が飛んでいて、左中間を破る二塁打性の当たりも、随所に見られます。

インコースはしっかりと引っ張ることができ、内容のあるフリーバッティングをしていました。


逆に気になった点は、キャンプ初日のバッティング・2日目のバッティング・第2クールのバッティングの形が少しずつ違ってきていることです。

少し疲れがたまってきているんだろうと想像します。

初日、2日目。そして、第2クールとフォームが少しずつ変わってきています。

フォームを改善するという意味での打撃フォーム変化には見えないので、宇佐見に関しては体力面がどうなのかというところが気になるところです。

疲労によって、バッティングが悪くなることは多々あるので、疲労に耐えることができるのか?

宇佐見の注目ポイントです。

・小林と宇佐見のバッティングを比較して


小林は「初日のバッティング」と「それ以降のバッティング」

いい意味で、あまり違いが見られませんでした。

やはり、「体力があるな」という印象です。

体の強さはさすがだと思いました。

一方、宇佐見は若干打撃に変化が見られ、体力面では小林が上回るかなと感じました。


しかしながら、宇佐見が上回っている点もあります。

流すバッティングです。

宇佐見の方が広角に打ち分けていたので、ヒットゾーンの広さは宇佐見の方があるなと感じました。

なので、一長一短あると思いますが、打撃力という点では、私は宇佐見を推します。

私は宇佐見ですが、いろいろな意見があるでしょう。

みなさんも、2人の打撃を是非一度見てみてください!

・まとめ~巨人のキャッチャー争い~


キャッチャーの争いは現時点で、小林のリードでしょう。

去年の小林の経験からすると、宇佐見はかなりアピールしなければなりません。

しかし、可能性がないわけではありません。

宇佐見が全力を尽くして、高いレベルでのレギュラー争いを期待したいです!!