巨人春季キャンプ


高橋由伸監督がサプライズで、バッティング練習を行いました。


全20球!


引退から2年!


高橋由伸のバッティングはどうなったのでしょうか?


・高橋由伸監督のバッティング練習詳細


高橋監督のバッティングは現役時代さながら!!

とまではいかず、体勢が崩される場面が多々ありました。

しかし!!

勘を取り戻したのか途中から、鋭い当たりを連発!

右中間に深い当たり等が見られるようになりました。

そして!!

遂にライト方向に大きな当たりが!!








「ホームランか!!??」







惜しくもライトフェンス直撃でした。

あと何十cmかという当たりでした。

最終的に残念ながら、柵越えは無し。

しかし、大いに楽しませていただきました。

実に惜しかった・・・

というより、バッティングゲージがやや3塁側にあったので、普通にホームベースから打っていれば、完全にホームランでした。


・キャンプでの高橋監督のバッティングまとめ


現役時代の頃のような練習はしていないため、足腰やスイング全体のキレは当然ながら、現役時代より衰えていました。

しかし、まだまだバッティング練習で、柵越えできるレベルの力は残っていることが証明されました。

キャンプでは、このようなサプライズ的楽しみがあります。

こういうのがいきなり起こるのがキャンプです。

またのサプライズと柵越えを高橋監督に期待します!!