春の息吹も近づく2月下旬


2月最終日にシート打撃に登板したのは杉内俊哉。


その投球内容はいかなるものだったのでしょうか?


杉内のシート打撃登板の内容を全公開します!!


全15球です!!


・杉内の怪我前と怪我後の変化


杉内の練習メニューは少し少なく、それなりの配慮をしてもらっているようです。

そんな杉内が怪我する前と変えた点が

「プレートを踏む位置」

です。

怪我以前は一塁側を踏んでいたそうですが、怪我箇所への負担を軽くするために、今は三塁側を踏んでいるとのこと。

これで打者の対応が変わってくるのかも注目です。

では、シート打撃の対戦結果です!


杉内シート打撃


杉内は対戦打者6人に対して、ヒット性の当たり3本でした

阿部や村田にはヒットを打たれ、ストライクゾーンのボールはそこそこ捉えられていました

ギャレットを外のスライダーで、空振り三振に仕留めていましたが、そのスライダーはよかったと思います。

コントロールはそこそこ。

逆球もありましたが、今キャンプ実戦形式初登板なので、今後に期待です。

ちなみに、阿部はライト際にライナー性の当たりで、ツーベースの当たり。

村田はレフト前へのクリーンヒットでした。



・杉内俊哉シート打撃まとめ


ヒット性の当たりが6人中3本で、若干打たれた印象はあります。

ボールも、もう少しといったところに見えました。

なので、もう少し調整をして、じっくりと仕上げていってもらいたいなという印象。

オープン戦に投げるかもしれませんが、まだ無理をする段階ではないと思います。

もう少し時間が必要だと思いました。

でもでも!!

投げる姿を見れたことが何よりもうれしいです!!

今後の杉内に期待します!!