高田萌生と大江竜聖


2016年巨人のドラフト5位・6位で、今後注目の高卒ピッチャーです。


そんな2人がどのようなピッチングをするのか?


宮崎キャンプのブルペンで観察しました。


・高田萌生と大江竜聖のブルペン


大江と高田が2人同時にブルペン入りしたのは午前10時頃

一通りのウォーミングアップが終えた後のことだった。

その2人の後に続いて、ギャラリーも次々と移動。

2人のブルペンを見学しに行っていました(私も)


大江竜聖のブルペン投球


大江竜聖は軽くキャッチボールを行った後、ブルペンキャッチャーを中腰にさせ、投球しました。

ブルペンキャッチャーの中腰の位置を細かく注文する姿が印象的。

キャッチャーの腰の高さを細かく要求していました。

そして、中腰のキャッチャーに対して、ストレートを投げ込みました。

静寂の中で、腕の振る音、指とボールとの摩擦音が聞こえてきました。

響き渡るミット音。


なんとも言えない空気が場を包んでいました。

中腰での投球を終わらせると、ついにキャッチャーを座らせ、本格的な投球へ!

その投球で光ったのが右打者インサイドへのストレート

そこの精度がものすごく高かったです。

最後の1球も、そのコースに要求してたことから、かなり自信のあるボールなんでしょう!

他に変化球も投げ込んでいましたが、その制度はまだまだだと思いました。

また、右打者アウトコースのストレートも、外に外れてしまうことが多かったです

これからじっくり鍛え上げて、1軍の舞台で見て見たいと思いました!!


高田萌生のブルペン


高田もブルペンに入って、まずはキャッチャーを中腰にし投球しました。

そして、その後、キャッチャーを座らせ投球。

一目見た印象は速い!

大江と一緒に投球していましたが、球の速さは高田の方が速いと感じました。

スライダーも投げていましたが、こちらもキレよく曲がっていました。

でも、これらは指にかかった時!

しっかり指にかかったボールの割合は少なく、コントロールはよくありませんでした。


なので、今後は体を大きくすることと、いい球をどれだけ多く投げれるかが課題となるでしょう。

ただはまった時の球は凄いです!

あまり体が大きくない印象を受けましたが、その体から投げるとは思えないほどの球が来ます。

将来性に期待です!


・高田と大江の今後に期待!


高田と大江は将来を期待されるピッチャーです。

非常にいいものを持っています。

その類まれなる素質をプロ野球の世界で生かしてほしいです!!