2017年3月18日イースタンリーグが開幕!


陽が実戦復帰しました。


気になる結果と陽の試合での動きをまとめました!


・陽の結果と内容


陽の1打席目は四球。

スイングは特に問題ないように見えました。

第2打席は初球打ちで、ショートゴロ。

3回までの出場で、4回からはベンチに下がりました。

守備機会はありませんでした。

これから出場機会を伸ばしていくと思うので、今後に期待です。

怪我は順調に回復しています。


・吉川尚輝の結果と内容


6番セカンドでスタメン出場したドラフト1位ルーキー吉川尚輝

初回、サードゴロ併殺の際に、セカンドからファーストに転送しましたが、送球がやや浮き気味。

その前のショートゴロ併殺崩れの際の送球も、ファースト手前でワンバウンド。

緊張のせいか動きは硬く、2つの送球両方共によくなかったです。

しかしながら、セカンドライナーをジャンプ1番でキャッチする場面もあり、いいところも見せました


6回からはショートに回り、守備機会もありました。

ショートの方がやはり慣れているなという印象。

セカンドに慣れることができるかが大事です。


吉川尚輝のバッティング



第1打席は1アウト満塁で、打席が回ってきましたが、セカンドゴロダブルプレーでした。

第2打席はレフトライナー(レフトフライ)


ライナー性の打球で、レフト後方への打球でした。

逆方向への飛距離はそこそこあるように感じる一打でした。

第3打席は空振り三振

打席ではノーヒットに終わりました。

これからプロの球に慣れていくことが必要かなと思いました!!!

・イースタン開幕戦まとめ


陽と吉川の2人は大活躍とはいきませんでした。

しかしながら、怪我の回復は順調のようです。

このまま試合にどんどん出場して、アピールしてもらいたいです。