WBCのラッキーボーイ小林誠司!


WBCではびっくりするほどの活躍を見せています。


そのラッキーボーイぶりはどこからやってきたのか?


小林誠司ラッキーのルーツを探ってみました!!


・ラッキーボーイにあと一歩でなれなかった高校時代


2007年夏

小林誠司は甲子園の決勝の舞台に立っていました。

もちろん今と同じキャッチャーで。

その舞台でもラッキーボーイぶりをいかんなく発揮!!

と言いたいところですが、そうはいきませんでした。

8回裏に逆転満塁ホームランを許すと、そのまま敗戦。

佐賀北高校の甲子園優勝で、がばい旋風が日本中を席巻しました。

小林は涙を流しました。

しかし、大学・社会人を経て、プロに入ると徐々にラッキーボーイぶりが発揮されてきます。


・小林オープン戦初ホームランが逆転満塁ホームラン


小林がルーキーイヤーの2014年

オープン戦での出場を重ねていました。

そんな中、小林はホームランを放ちます。

オープン戦第1号!

しかも、逆転満塁ホームラン!

これはラッキーボーイ以外の何物でもありません。

・阿部の怪我で小林が開幕スタメン!


2016年は長らく巨人の正捕手を務めてきた阿部慎之助が捕手復帰。

小林のキャッチャーの座が更に危ないものに!!

と思ったのも束の間、阿部慎之助がオープン戦で、戦線離脱。

開幕戦のキャッチャーには小林が選ばれました。

それから、小林はスタメンで出場を続け、最終的に129試合に出場。

巨人のレギュラーキャッチャーを勝ち取ったのでした。

これは運がいいのか実力なのか?

はたまた両方なのか?

いずれにしても、巨人の正捕手として、2016年は活躍しました。


・WBCのレギュラーキャッチャーになった小林誠司


WBCのレギュラーキャッチャーは楽天の嶋。

このように思われていました。

しかし、WBC開幕直前に嶋が戦線離脱。

小林はWBC初戦スタメン起用されました。

その試合から全試合に小林は出場。

中国戦ではホームランを放つ等、獅子奮迅の活躍を見せ、「ラッキーボーイ」と呼ばれるようになりました。


・ラッキーボーイ小林誠司まとめ


2016年シーズンの打率は.204とかなり低いです。

しかし、意外性のある打撃はしていました。

その意外性こそが小林誠司!

その意外性を発揮して、決勝ラウンドでのサヨナラホームランを期待したいところです!!