WBC優勝目指して戦った侍ジャパン


しかし、残念ながら、アメリカに敗れ、前回と同じベスト4でした。


今回の侍ジャパンの奮闘ぶりに迫ります。


・首位打者の力を見せた坂本勇人


WBCで6試合に出場した坂本勇人

試合を決める等、派手な活躍はなかったものの、WBC打率は.417

十分な活躍でした。

守備でも、安定感ある守備を見せ、日本代表のショートとして、十分な働きを見せてくれました!

シーズンでの活躍を期待します!!


坂本勇人WBC成績

打率.417 本塁打0 打点1 得点6 四球3 盗塁1 


・小林誠司は侍ジャパントップの打率.450


今大会大活躍したと言えば、小林誠司

打率は侍ジャパントップの.450

去年、規定打席打者で打率最下位だった男が日本のトップに立ちました。

守備でも、チームに大貢献、存在感を示しました。


小林誠司WBC成績

打率.450 本塁打1 打点6 得点4 四球1 盗塁0



アメリカ戦で好投の菅野智之


日本のエースとして、期待された菅野智之

準決勝のアメリカ戦では素晴らしいピッチングを見せてくれました!

侍ジャパンのエースらしいピッチング11

素晴らしかったです!!


菅野智之WBC成績

投球回14.1 防御率3.14 被本塁打2 奪三振16 四死球2


・まとめ


WBCで侍ジャパンの選手達は素晴らしい戦いを魅せてくれました!

WBCは終わりますが、プロ野球開幕が目前に迫っています。

今年も白熱したプロ野球を期待しています!!