プロ野球が開幕し、巨人は3連勝!


そんな巨人ですが、オープン戦では絶不調でした。


そんなオープン戦期間での村田ヘッドコーチのある提案。


高橋由伸監督はどのように受け止めたのでしょうか?


・村田真一コーチのオープン戦での提案


3月中旬、巨人の若手は絶不調でした。

野手陣で結果を残す選手はおらず、チームもなかなか勝てない日々。

そんな中、村田コーチは

実績ある選手を試せばどうか?」

と提案

全く結果が出ない若手から切り替え、よりペナントを意識する意図があったようです。


・高橋由伸監督の考え


高橋由伸監督の考えは違いました。


高橋監督は

オープン戦中盤から、1軍ローテ格のピッチャーの調整が仕上がってくる。そのピッチャーの球を経験させなければ、全く経験にならない


若手はその球を打てないかもしれない。しかし、その経験をもとにして練習に励むことに意味がある


という考えでした。

その結果、巨人の若手はオープン最後の試合まで、1軍に残りました。

辻や宇佐見等は開幕直前に2軍に落ちましたが、結果が出ても、出なくてもオープン戦最後まで存分に起用。

亀井や寺内などの実績組が1軍に上がってきたのも、オープン戦最後の2連戦の時でした。



・まとめ


今年の開幕スタメンメンバーを見ると、中井や岡本等、実績のないメンバーがスタメンに名を連ねました。

オープン戦の起用が活きた形です。

これからのペナントも勝ちにこだわりながら、実績のないメンバーも起用していくかもしれません。

高橋監督の選手起用に大注目です!!!