誰がここまでの惨状を予想しただろうか?


2016年オフ、2年連続V逸の巨人は大型補強を決行!


FA、トレード、新外国人


次から次へと補強した。


その補強の中心FA


今や1人も1軍にいない。


・FA組全員2軍以下


山口俊に関しては、もともと肩の怪我があった。

去年のクライマックスシリーズも登板を回避。

想定内の離脱だ。

予想以上に長引いている感はあるが、想定内。

6連戦が続く中盤以降に戻ってきてほしいところだ。


次に陽。

陽がいることで、打線に軸ができ、安心して若手が使えるというメリットがあった。

特にレフトに岡本を使うという点では非常にメリットがあった。

陽の守備力があれば、レフトに多少守備力がない選手がきても、大丈夫だった。

軸がしっかりしてこそ、若手を育てられる。

それが巨人の考え方。

その考え方で言うなら、陽の存在は案外大きいものになっていたはずだ。

しかし、怪我。

日本ハム時代から、怪我があった選手なので、こちらも想定内ではあるが、130試合ぐらいは出てほしかった選手である。

今年は100試合出れないかもしれない。



森福2軍落ち


森福は怪我せず、開幕1軍スタート。

しかし、オープン戦から不安を露呈していた。

主力選手なので、オープン戦はまだ・・・

等とは言っていられなかった。

シーズン開幕後も、安定せず。

開幕早々打ち込まれる登板が続き、2連敗も記録。

2軍落ちとなった。


・ネタとしては面白い


このような現状に驚いてるのは誰だろうか?

堤GMに率直な感想を聞いてみたい。

どう考えているのだろうか?

想定外」なのか「想定内」なのか?

非常に興味深い。

GMは補強の責任者であるはずなので、いろいろ感じるところはあるはず。

是非、東京スポーツさんに取材をお願いしたいところだ!



・FAなしでやるしかない!!


FA組がいない中で、頑張るしかない。

篠原や池田も出てきた!!

野手はなんとか持ちこたえている状況!!

そして、愛しのカミネロ頼んだ!!!

もう一度言おう!!

愛しのカミネロ頼んだ!!!