2017年4月25日


マツダスタジアムでの巨人対広島。


菅野圧巻の投球!


完封勝利を果たしました!!


・本日の菅野のピッチング!


菅野はよく曲がるスライダーとよく曲がるカットボール。

よく曲がるフォークとよく曲がるワンシームを中心に、広島打線を次々と打ち取る。


試合が動いたのは4回

2013年は東北のチームに在籍していたケーシー・マギーの一発。

俺をなめるな

と言わんばかりに、ど真ん中のカーブを引っ叩いた。

グラウンドを一周するマギーの姿からは

この後は守備でも魅せる!強烈なサードライナーも横っ飛びで取ってやる!」

という強い意志が感じられた。


このホームランの後の広島の攻撃

菅野は丸、・鈴木と打ち取った後、広島に現れしアンパンマンこと松山にスリーベースを浴びる。

その後のバッターは阿部じゃない方の安部。

ここが一つの分岐点だった。

第1打席外の変化球で打ち取っていたこともあり、最後は内角勝負だった。

それに安部は上手く対応した。

だが、若干詰まっていた。

打った瞬間ライトフライだと私は確信した。

いい当たりではあったが、詰まってはいたからだ。


その後の菅野は球数少なく、これまでの菅野の課題である「球数の多さ」を克服するようなピッチング。

スイスイと試合は進んでいった。



しかし、8回

先頭の西川にヒットを許すと、続く石原にはバント失敗を許してしまう。

1アウトランナー1塁。

ここでバッターエルドレッド。

緊迫する場面だったが、ボール球のスライダーを振ってくれて助かる。

しかし、続く田中にヒットを許し2アウト2.3塁。

ここが今日の試合最大の山場だったと言っていいだろう。

スライダーにあまりタイミングがあってなかった菊池に対して、そのスライダーを活かすための初球インコース真っすぐ。

それを捉えられた!

打った瞬間

やられた!

と思った。

しかし、ボールはマギーのグラブの中へ!!

助かった。

この後は守備でも魅せる!強烈なサードライナーも横っ飛びで取ってやる!」

というマギーの気持ちが勝った。



巨人打線は最後までチャンスを活かせず、1得点。

9回を迎える。

9回1点差、3番丸から。

そんな丸に対して、インコースのスライダーやカットを怯まず投げた。

丸を三振に打ち取ると、次の鈴木をセカンドフライ、松山もセカンドフライに打ちとり、菅野は2試合連続完封勝利!

見事なピッチングだった。


・まとめ


今日の菅野は素晴らしいピッチング!

前回に続いて完封勝利!

しかし、去年もここから勝ちが伸びなかった。

4月はよかった。

5月も勝ち運に恵まれることを祈るばかりだ!!