近頃よく見られるプロ野球の誤審。


巨人対広島で、名幸一明責任審判がホームクロスプレーをビデオ判定で誤審した。


確かにクロスプレーの判定は非常に難しいもの


しかし、明らかな誤審やビデオ判定してまで誤審してしまうのは愚の骨頂。


誤審だらけの審判員をあぶり出します。



・ビデオ判定誤審の元祖東利夫


ビデオ判定誤審の元祖ともいえる存在である東利夫

ビデオ判定においては、先進的な存在だ。

事件が起きたのは2015年9月12日甲子園球場

広島カープ田中広輔のホームラン性の当たりをビデオ判定。

完全なホームランにも関わらず、責任審判の東利夫はインプレーの三塁打と判定。

物議を醸した。


この誤審は波紋を呼び、様々なところで非難の声が殺到。

大きな問題に!

ビデオ判定をしたのに誤審

この元祖はこの日の責任審判東利夫と言っていいだろう。

ビデオ誤審の先祖だ。


・アウトをセーフに変える魔術師山路哲生


ファーストのアウトセーフの判定で、大きな話題となった山路哲生

完全なアウトのタイミングの判定を2度もセーフにした。

その判定によって、最終的には広島緒方監督が退場することになったが、際どいタイミングではないプレーでの誤審2連発は審判山路の名人芸だ。

おそらく相当眠かったか、貧血などの症状で、フラフラだったのだろう。

そうでなければ、説明がつかない。

元気な状態であるなら、「あの判定」は酷すぎる。

健康状態に問題があるなら、審判という過酷な職業は合わないので、他の職を探すべきだと感じる。



・名審判名幸も衰えたか


球界屈指の名審判名幸。

2003年から、2014年まで12年連続で選手会が行っている選手が選ぶ!ベストアンパイアに選出されている。

このことからも、評価が高い素晴らしい審判であることは間違いない。

しかし、その名幸にも衰えが見える。

2017年4月27日の巨人対広島戦

ホームでのクロスプレーのビデオ判定を行ったが、やはり衰えは隠せない。

足がホームに入っていたが、アウトの判定を下してしまった。

名審判名幸も、もう50歳手前である。

衰える選手を見たくないように、衰える審判も見たくない。

ビデオ判定ぐらいは正確にやってほしい。

・野球にセカンド牽制はない。山本貴則


2016年CSファーストステージ巨人対DeNA

セカンド牽制はプロ野球に存在しない」と言わんばかりの判定をした審判がいた。

山本貴則だ。

厳密に言うと、判定をしなかったというのが正しい。

DeNAがセカンド牽制を行い、タッチプレーに。

タイミングは微妙で、アウトかセーフどっちだ!?と思っていたら、二塁塁審山本はまさかの判定せず!

そよ理由はプレーがかかっていない等とよくわからない理由だったが、実際はプレーがかかっていたし、誰かがタイムを取った形跡もない。

野球にセカンド牽制はない

それを判定で示してくれたのだ。




・まとめ


Twitterなどにはすぐにクロスプレーの静止画が載る時代でありながら、なぜ球場のビデオ判定でおかしなことが起こるのだろうか?

全く理解できない。

動画で確認するのはなかなか難しいが、決定的瞬間を撮った静止画があれば、判定は一瞬である。

このようなことは一般人がネットで、簡単にできる。

にも関わらず、正確な判定ができない。

ビデオ判定はどのように行っているのだろうか?

これからはテニスやバレーボールのようなチャレンジが必要であり、ビジョンに動画を流す仕組みを確立するべきだろう。

私はファンに開かれた判定を希望する!!