4月29日ヤクルト戦。


本日巨人は敗れました。


小川を打ち崩すことができず、接戦負けです。


残念でした。


そして、それはさておき・・・



私は今年に入り、いろいろな野球にまつわるところを転々としていました。


講演会、キャンプ地、指導者講習会・・・


それは・・・


「野球を知るため」


その中でも、


継投を知るため


でした。


・プロ野球継投を楽しもう


継投を楽しむと、野球が更に楽しめると個人的に思っていまう。

そんな継投に迫ったのが







継投はよくわからずミスもつきもの!

その基本となる考えを詰めました。

解説者がわかってるけど、説明まではしてくれないことを網羅。

継投の難しさが詰まった一冊です。


・継投まとめ


継投は状況、セオリー、コンディション、怪我の具合、季節などで、様々。

いろんな要素が絡まっています。

今回改めて、プロ野球継投の難しさを感じました。


p.s 

外国人選手のワガママによる継投変化を書籍に収録し忘れました。

これも実は重要な要素です。