2017年4月28日


ヤクルト戦


巨人敗北


勝負所でのミスが目立ち、敗れました!!



・橋本到バントミス


攻撃面で痛かったのが橋本到のバントミス。

バントすることができず、ヒッティングに切り替えた後の三振。

非常に痛いミスとなりました。


ここ数年バントが課題の巨人

キャンプ中の紅白戦から、バント失敗が目立っており、ペナントレースに入ってからも、失敗が多くなっています。

紅白戦から小林・重信あたりは失敗を多く繰り返しており、ペナントに入ってからは立岡もバント失敗の連続。

今日は橋本もバント失敗。


残念ながら、ここ数年の課題は解消されていない模様です!



・中井大介守備の判断ミス


中井大介が守備の判断ミス。

ホーム送球しようとしたものの、案外ランナーのホーム突入が速く、判断を切り替えた結果、1つもアウトを取れなかったというところでしょうが・・・

判断ミスと言わざるを得ません。

判断ミスというより、ホーム送球を決めつけてしまっていたように見えました。

ダブルプレーが取れた打球だっただけに、残念なプレーでした。



・橋本の代わり入るが、中井の代わりは・・・


橋本到の代わりはいます。

2軍の選手を見ると、岡本も体調不良から復帰し、1軍を虎視眈々と狙っています。

北も率を残し、外野手のメンバーはそれなりにいるので、試す価値はあるでしょう。


一方、セカンドの代わりとなると、微妙です。

辻や吉川大は2軍の試合で、守備のミスをしていて、中井と大差があるとは思えません。

それなら、長打力のある中井の方がまだいいというのも、納得です。

ドラフト1位の吉川尚は打撃で精彩を欠き、その他のメンバーはコンディション不良。

代わりはなかなかいません。

強いて挙げれば、セカンドマギー、カンド立岡の案でしょうが・・・

今後どうなっていくのか注目です。


・まとめ


とにかく、キャンプ期間から、バントミスのオンパレードだった巨人。

なかなか改善は難しいようです。

バントが決まらないとなれば・・・

もはや「強打」しかないのかもしれません。