今シーズンも勃発している巨人セカンド問題。


2017年はほとんどの試合で、中井大介がスタメン出場。


しかし、成績は芳しくありません。


巨人のセカンドが埋まる日が来るのでしょうか?



・巨人セカンド事情


キャンプ・オープン戦と巨人は様々な若手を試してきました。

柿澤・立岡・吉川大・中井・辻・・・

そんな中、オープン戦での成績を考慮し、開幕から中井がスタメンに名を連ねました。

それから、1試合除き、ほぼ全試合でスタメンの中井。

しかし、守備での不安定さや低い打率等、ファンの不満もよく聞かれるようになっています。


・巨人セカンド守備比較


キャンプの紅白戦から、セカンド争いは勃発。

ノック、紅白戦、試合から、そのセカンドを巨人のセカンド守備を比較しました。


中井・・・△
吉川尚輝・・・△
脇谷・・・〇
片岡・・・◎
クルーズ◎
山本・・・〇
辻・・・✕
立岡・・・△
寺内・・・◎


片岡治大



守備の安定感や実績を考えれば、片岡でしょうが、今シーズンは厳しいと言わざるを得ません。

怪我の連続で、1軍復帰は未定。

1軍で活躍するのは期待薄でしょう。

クルーズ


クルーズは2軍で、結果を残していますが、開幕前から懸念されていた外国人枠の問題で、なかなか昇格できない模様。

今の1軍の外国人枠を見ると、昇格はまだまだ先になりそう。

脇谷亮太


脇谷の守備は安定感もあり、ファンの皆さんもよく知るところ。

スタメンを張っても、問題ないでしょう。


山本泰寛


山本は沖縄キャンプで、怪我をし、レギュラー争いから脱落しました。

しかし、5月は2軍・3軍で試合出場。

実戦復帰を果たしています。

山本がオープン戦に出場していれば

と思うと、残念でなりません

キャンプでの紅白戦を見ると、レギュラーに一番近い感じはしていました。

サード・ショート・セカンドを守れ、守備力はそこそこです。

中井大介



中井大介の守備は今年の試合でご覧の通り。

守備範囲は狭く、エラーもあるという印象です。


吉川尚輝



吉川尚輝の守備は横への守備範囲の広さが魅力。

動ける範囲が広く、守備能力の将来性を感じます。

しかし、現段階ではエラーが多すぎる印象。

守備のよさで起用できるレベルではありません。

安定感が加われば、かなりの守備力をもった内野手になるでしょう。


立岡宗一郎



立岡のセカンド守備はそこそこ。

エラーもありますが、持ち前の脚力もあり、動ける範囲は広め。

中井・吉川と同じ△としました。


辻東倫



辻はキャンプ・オープン戦段階までしか見れていません。

その時の状況で、✕としました。

現在、2軍ではショート等も守っていますが、それほど上手いという印象はありません。

辻がスタメンを取るなら、打力で奪い取ることになるでしょう。



寺内の守備に関しては今更いうまでもありません


・巨人セカンドの打撃


セカンドの打力で言えば、クルーズが一番ですが、クルーズと片岡は現状では一軍に上がることは難しいでしょう。

そうなると、打力があるのは脇谷・山本・中井といったあたり。

中井の打率は低いものの、長打を打てる可能性があるので、長打の打てるセカンドという意味では中井。

粘り強くヒットを狙っていくという意味では山本

脇谷は今年安定感があります




・まとめ~私が選ぶセカンド~


現時点で、私が選ぶセカンドは脇谷亮太


怪我から1軍に復帰すれば、山本を挙げます。

中井以外をという声がありますが、現状では脇谷か寺内となってしまうでしょう。

巨人のセカンドは困窮しています。


※ 片岡が頑丈ならなぁ・・・