交流戦前最後の1週間となりました。


巨人は交流戦前、阪神と広島の6連戦。


上位チームとの対戦となっています。


しかし、阪神・広島と繋がる6連戦は今回だけではありません。

今シーズンはかなり組まれているのです!


・広島→阪神。阪神→広島だらけの2017年!



2017年の日程を驚くほどこの並びが続いています。

まず今週。

5月

23、24、25 阪神戦(甲子園)
26、27、28広島戦(東京ドーム)


そして、7月

4、5、6 広島戦(マツダ)
7、8、9 阪神戦(甲子園)


8月は…

8、9、10 阪神戦(東京ドーム)
11、12、13 広島戦(マツダ)

25、26、27 阪神戦(東京ドーム)
29、30、31 広島戦(東京ドーム)


広島と阪神が繋がってないのは、7月下旬のカープとの3連戦(岐阜→京セラ)

そして、9月1カードずつのみです。

4月、5月も全て、阪神→広島か広島→阪神。

阪神も広島続きの日程なのです。



・この巨人の日程が意味するところ



この日程が意味するところは

今後も阪神と広島が上位でいる場合、巨人がローテーションをいじって、いい投手ばかり、上位チームに当てることが不可能だということです。

広島に強い投手をぶつければ、阪神戦が手薄になり、阪神戦に強い投手をぶつければ、広島戦が手薄になります。

なので、表ローテと裏ローテの両方にある程度の実力をもったピッチャーを並べないといけません。

そのためにほ先発の枚数がです。


・6月末までに2位以上に上がっておく必要がある


上位に2チームいる状況では、非常に厳しいローテーション構成が求められそう。

ということは、7月に入るまでに2位以上につけておかないと、厳しい戦いになるでしょう。

2位にいれば、1位のチームを優先的にローテーションを組むことができます。

首位潰し」ができるのです!


・まとめ



今シーズンの日程は上位との連戦が重なり、厳しい日程となっています。

しかし、それを乗り越えるだけの先発陣がいると思っています!

もうすぐ戻ってくるであろう山口俊の活躍!

そして、宮國、大竹の踏ん張りが必要!

田口、菅野、マイコラスは当然やってもらわないと困ります。

夏場までにしっかりローテーションを固めて、首位を快走してもらいたいです!