2017年、巨人に移籍してきたマギーが活躍している。

巨人不動のサードになったと言っていい。

しかし、このマギー獲得によって、とんでもないことが起こりつつあるのを想定しておかなければならない。


・気になる今オフ村田の去就



このまま行くと、村田がサードスタメンで出られる可能性は極めて低い。

交流戦ではDH制があり、出場機会が得られると思うが、セ・リーグ同士の戦いに戻れば、またどうなるかわからない

今の村田の状況では、マギーか阿部のどちらかが不調に陥らなければならない。

交流戦で、村田は活躍し、試合に出れているが、例年ほど試合に出れないだろう。

そうなると、考えなければならないのが村田の去就。

今季の成績であれば、オフの減俸が予想され、最悪の場合、退団→他球団移籍という可能性十分にありえる。


・マギーの去就もわからない



外国人選手の去就の極めて難しい問題だ。

活躍すれば、再契約したいのは球団側の意向であることは間違いないが、マギーの場合、楽天で活躍した翌年はアメリカでプレーしている。

選手個人の事情も深く絡んでくるため、契約できるかできないかは不透明なのだ。


・両者退団の場合、サードは消える


マギーが活躍して、外せない存在となっていることは間違いないが、長期にわたって、巨人に在籍する可能性が高かったのは村田だ。

しかし、その村田がこのような現状では流出も覚悟する必要がある。

そして、マギーの契約もわからないとなれば、来年のサードは脇谷や中井となるだろう。

今よりも薄い打線となってしまうのだ。


・そろそろ長期ビジョンも必要だ



昨シーズンはとにかく取れるだけ選手を取るという傾向が強かった。

当然、選手を獲得すれば、それなりに強くはなるが、長期ビジョンも必要だ。

2017年はマギーの活躍で、サードは安泰だろうが、2018年は不透明すぎる情勢だ。

目先の試合に一喜一憂するのはファンだけでいい。

首脳陣やフロントには目先の勝利と長期ビジョンの両方を持ってもらいたい。