巨人1軍の試合は大竹寛の炎上で、敗戦。


残念な試合となりました。


そこで、今回はセカンドレギュラーのお話し。


宮崎キャンプまで話は戻ります。


・宮崎キャンプでのセカンド争い


今年の宮崎キャンプ。

若手が多く1軍帯同し、セカンド候補としては・・・

辻、吉川大、柿澤、山本、立岡(中井は当時2軍)

そこに、2軍の寺内や脇谷が控えているという構図でした。

オープン戦で、中井が爆発し、スタメンをもぎ取るとは宮崎キャンプの時点では想像していませんでした。

そんな中、行われたキャンプでの紅白戦。

バッティング面で、一番よかったのが山本でした。

ライト線にツーベースを放ったり、。一か八かで思いっきり引っ張るバッティングを見せたり(結果はフェンス手前のレフトフライ)

パンチ力が去年より、向上しているように感じられるバッティングでした!!


・守備面でも様々なポジションをこなしていた山本だが


守備面でも、様々なポジションをこなしていた山本。

ショート・セカンド・サードとプレーしました(ファーストもやってたかもしれません。記憶曖昧)

しかし、沖縄キャンプで離脱。

オープン戦に出場することなく、現在に至ります。

怪我をしていなければ、確実にオープン戦の出場機会があっただけに残念な怪我でした。



・まとめ


巨人のセカンドは中井で、ほとんど固定されていましたが、レギュラー確定ではありません。

山本が怪我から復帰したことで、セカンド争いはこ混とんとしそうです。

シーズン終盤の大事な時に、誰がセカンドを守っているのか?

大注目です。