2017年もいよいよ交流戦が開幕!


巨人の交流戦初戦は楽天との試合。


先発は菅野智之でしたが、楽天打線に掴まり大量失点。


楽天打線の好調さを見せつけられました。


・楽天打線の素晴らしいスイング


今日の菅野は不調。

いつも勝負球となるスライダーがあまりよくなく、全体的に苦しんでいた印象があります。

それよりも目立った楽天打線。

フルスイングが目立った印象です。

思い切りよく、見逃し方も厄介でした。

腰が開いたりせず、逆方向を意識した力強いスイング。

そして、力強いスイングをしているので、引っ張るバッティングもできるという好循環。

踏み込んでくるバッターに対して、通常はインコースを投げて、体を開かせたりするのですが、バッターに変化はあまりなし。

インコースを投げても、開かず逆方向にフルスイング。

それができるバッターが多いので、なかなか打ち取ることができませんでした。


・楽天打線の割り切る力


割り切る力は見事でした。

追い込まれてから、ストライクゾーン全てをケアというわけではなく、ある程度割り切ってきていました。

巨人のマギーにもみられるこの割り切り。

外角低めの見逃し三振は構わない。その代わり、他のボール球を見逃す

マギーからはこれが見て取れます。

外角きっちりにストレートが決まったら、仕方ない。その代わり、そのあたりに来た変化球のボール球はしっかり見逃そう

この割り切りです。

見逃し三振はやむなし

2ストライクからでも、しっかり割り切っているので、強いスイングができます。

そして、変化球の釣り球は振らない。

恐るべき打線です。


・まとめ


巨人打線は思い切りのいいスイングができる打者が今は少ないです。

全体的に打撃の調子が悪いというのもあるでしょうが、ここ数年の大きな課題です。

思い切りスイングする打者が巨人にも、どんどん出てきてもらいたいです!!