今シーズン初の7連敗を喫した巨人!


高橋由伸監督が大ナタ!


カミネロ、中井、立岡、山本を登録抹消し、クルーズ、西村、篠原、橋本を登録しました。


・外国人問題がやはり浮上


外国人争い枠の問題がやはり浮上。

クルーズを登録する時に、外国人選手を1人落とさなくてはなりません。

で、今回抹消されたのがカミネロ。

チームの守護神を登録抹消しなければならない事態になりました。

補強のしすぎはチームを停滞させる。

それが浮き彫りとなってしまいました。



・首脳陣大ナタも時すでに遅し


7連敗を受けて、首脳陣が動きましたが、すでに時遅し。

これからの巻き返しに期待したいところですが、カープに連敗したところ(マツダ)や東京ドームでのカープ戦の大敗などで、策を講じておらず、すでに手遅れ。

取返しのつかない事態になっています。

7連敗以上してしまった場合、ペナントで80勝以上を達成しることは極めて難しく、75勝あたりが優勝ラインにならない限り、優勝は厳しいのです(去年は7連敗で71勝)

つまり他力本願です。



・とりあえず取ればいい補強がスカウトをないがしろに


とりあえずいいと思った選手を取ってきたツケがここにきて出てきています。

補強選手は起用しなければならず、どうしても起用法が限定されてしまいます。

その結果、外国人選手の入れ替えができない。

1,2軍の入れ替えがなかなかできない。

非常に厳しいチーム運営です。

が、ここから巻き返しを期待したいところです!!!