FAで入団した陽岱鋼がついに一軍復帰!


ここまで長い道のりでしたが、ようやく復帰します。


打線に厚みが出る陽岱鋼の復帰。


巨人にどのような影響をもたらすのでしょうか!?



・巨人陽岱鋼で打線は強化



陽岱鋼が復帰すると…


1 陽岱鋼
2 石川
3 坂本
4 阿部
5 マギー
6 村田
7 クルーズ
8 長野
9 小林


※DH制あり


のようになります。

このメンバーの中で、打順をいじってくると思いますが、だいぶ厚い印象はあります。

連敗中なので、動きも硬くなり、簡単には繋がらないでしょうが、連敗を脱出しさえすれば、魅力的です。

長野がある程度打ってくれれば、かなり分厚い打線になります。


・一番は動けて長打も打ちたい



一番は動けるのが最重要で、なおかつ長打もあるバッターがいて欲しいところ。

陽岱鋼はうってつけです。

陽岱鋼の調子次第で、巨人はかなり左右されるでしょう。

全く打たなければ、ダメですし、打ちまくれば上昇が期待できます。

2番を誰にするのかは難しいですが、石川あたりを入れることができれば、打てないバッターはかなり減ります。


・あとは監督が使いこなせるか



あとは監督がこの戦力を使いこなせるかどうか。

上手く使わないと、宝の持ち腐れです。

全ての選手を持て余すことなく、最大限使う。

これが監督に求められています。

・全ては陽次第

打線は陽が打つかか打たないかがかなり重要

クルーズが1軍に上がってきましたが、クルーズは過去の実績を見ても、.250 15本のバッター。
打線に活力が与えられるほどではありません。
陽の場合は2割台後半の打率を残してきた実績があります。
そこに賭けるしかありません。
巨人が上昇していけるのか?
陽のバット次第です。
※カミネロを下げるなら、もっとホームランを打てる主軸級の打者を上げなければいけない。
ギャレットを上げて、4番に置くぐらいじゃないと、カミネロ抹消の割に合わない。
カミネロの今季の貢献度から見ると、25本ほどホームランを打てるバッターを上げる必要がある。
そうでなければ、割に合わない。