6月6日巨人対西武


10連敗中の巨人はメットライフドームで、埼玉西武戦。


この日から陽岱鋼が戦列復帰しました。



・球団ワーストタイの11連敗


今日で、球団ワーストタイの11連敗となりました。

序盤から先制点を奪い、展開的にはよかったですが、同点に追いつかれ、最終的には逆転を許しました。

今日は先発菅野でしたが、投壊。

リリーフ陣も四球連発で、巨人は敗れました。



・陽が1軍復帰



今日の試合から、陽が戦列に復帰。

1番センターで起用されました。

その陽は第1打席見逃し三振!

しかし、第2打席!

巨人移籍後初ヒットは2点タイムリー!!!

先制点をもぎ取りました!!


・守りの姿勢が全体に波及している


奪ったリードを守る。

この守る姿勢が随所に出ています。

攻めるべき場面で、攻め切らない。

慎重に慎重にやっていった結果、痛い目にあってしまう。

本来なら首脳陣がその流れを変えなければいけません。

パンチを繰り出さなきゃいけない場面で、ガードしている。

その姿勢が見え隠れしている限り、チーム全体に攻める姿勢は生まれません。

慎重にやっているのが明らかに見えてしまうと、推進力を失ってしまう。

それが見えているのが残念です。

攻める場面では攻める。

それを徹底してやってもらいたいです。