6月16日千葉ロッテ戦!


東京ドームでの観戦


テレビとの違いを考えました。


・球場のよさは声援と球威


現地で一番感じるのは声援の大きさと言われますが、その通り。

声援が大きい時、小さい時、ため息が感じられます。

そして、スピードガンに捉われない球威を感じることができます。

スピードガン表示よりも、速そうなピッチャーの球が球場だとよくわかる。

巨人だと田口は横から見た時のストレートが素晴らしいです。

是非一度、田口のストレートを横から見てもらいたいです。

今日のロッテ戦で言うと、涌井のいいボールと悪いボールが一目瞭然。

テレビでも、わかると思いますが、若干角度をつけて、横から見ると、さらにわかります。



・テレビのよさは配球面


配球を見ていきたい時は、テレビに限ります。

球場だとどのボールがどのコースに決まるのかよくわかりません。

センター側から見てればだいたいわかりますが、外野から見ると、遠すぎて、よくわかりません。(私は若干の乱視もある模様なので、余計に)


あと、打者の体の開き具合がテレビ視点だとわかりやすい。

体の開き具合は打者の状態を見るのに極めて重要なので、注視して見てください。

テレビで、一目瞭然です。

・まとめ


プロ野球の現地観戦。

迫力満点の野球観戦を是非ご堪能あれ。