内海哲也が思うようにいかない。
   
久々の一軍復帰登板だったが、4回で降板することになった。

内海哲也は限界なのか⁇


・投げてるボールはいい!〇〇までは


ソフトバンク戦、初回と2回は素晴らしい立ち上がりだった。

しかし、ソフトバンク戦。

鶴岡にホームランを打たれた時点から、ボールが乱れた。

1回、2回のボールを投げている限り、大崩れせず、それなりに粘れ、試合は作れたはずだ。

しかし、メンタルの問題か、投げてるボールの自信のなさがそうさせるのか…

一発を浴びて、一気に崩れた。


・速球系を長打された瞬間、一気に崩れる



速球系とはカットボールも指す。

内海が調子がいいのにも関わらず、打ち込まれる時は、序盤に速い球を打たれ、そこから崩れる。

今季2試合目の広島戦での登板も、新井に内角のカットボールをホームランを打たれた瞬間から、一気に崩れた。

ホームランをきっかけに、投げるボールが悪くなるのだ。

逆に考えれば、序盤に速い球を捉えさえすれば、内海攻略は容易い。


・一本ぐらいホームランを打たれても問題ない


ソフトバンク戦は鶴岡にホームランを打たれたが、ソロホームラン一本打たれるのはさほど問題ではない。

新井貴浩に打たれた時もそうだが、打たれた後が問題だ。

変化球を打たれた時はその後、直球で攻めようとし、さほど悪くならないが、速い球を打たれた時はどうにもならないぐらい乱れる。

そこをなんとかしてほしい。

2本ぐらいホームランを打たれても、動じなければ、全く問題ない。

動じなければ、いいボールは投げている。


・序盤速球系を打たれても気にするな



序盤に速球系を打たれると、一気に崩れるのがここ数年の悪い時。

序盤の調子がよくても、その一発で一気に調子が変わってしまう。

かつてのエースがそれではあまりにも寂しい。

抑えられるボールを投げている場面はある。

内海にはホームランを打たれても、動じない投球を願っている。