交流戦を終え、各リーグ同士の戦いに戻っていきます。

巨人は借金を抱えて、苦しい戦い。

ここから


・村田の怪我が万全なら



村田がスタメンで出られる状態にあるなら、ファーストは阿部から村田にシフトしていくべきだろう。

阿部のバッティングの状態が上がらない。

それもあるが、村田がファーストを守った場合、守備が強固だ。

セカンドに山本が入り、内野守備がだいぶよくなった。

ファーストに村田が入れば、かなりの守備力が期待できるし、打力的にもそこまで落ちない。

阿部と村田が同程度に打つなら、村田を優先して使うべきだろう。


・内野守備の重要性



守備が堅いチームの試合は締まる。

守備はおろそかにしてはいけない。

ファーストは比較的簡単だとされているが、簡単ではない。

阿部より村田を優先する意義はセカンドフォースアウトだ。

ランナー1塁の時のファーストゴロ。

それをセカンドでアウトできるのかファーストでアウトにするのかはだいぶ大きい差だ。

村田はセカンドでアウトにする能力が極めて高いプレーヤーだ。

守備において、無駄がなく、他球団のファーストと比べても、抜き出ている。

今のところセ・リーグで一番守備が上手いファーストはDeNAのロペスだと思うが、それと同等がそれ以上の守備が村田には可能だ。

阿部を使うメリットは左打者を打線に組み込めることに尽きるが、阿部自体の調子が悪ければ、それも無意味だ。


・阿部が打ちまくらない限り、村田



阿部が開幕の時のように、打ちまくってくれれば、阿部でいいだろう。

しかし、打率.250を打てるか打てないかの状況では、守備的に優位な村田の方が失点を防げ、打力的にも大きなマイナスはない。むしろ、プラスになるかもしれない。

チームの大黒柱である阿部を控え中心にするのはチーム的にも大きい決断。

しかし、かつての高橋由伸監督のような代打中心で、時折スタメンという使い方もありだろう。



・第一に守備、第二に守備


鉄壁の内野陣に巨人がなる日も近い。

開幕から、ここまで守備には難点があったが、セカンドの山本がいい守備を見せている現状。

内野鉄壁の巨人なら、締まった試合を展開できるだろう。

ファースト村田修一を私は推したい(怪我を早く万全にしてほしい)