6月24日中日戦。


今日は最後まで、中日戦をテレビ観戦することができました(昨日はできず)


しかし、しっかり見ているつもりだったのですが、巨人が締まっていない野球をするので、雑念が浮かぶようになりました。


試合終了の瞬間まで見てはいましたが、雑念には勝てず・・・


思い浮かんだのがマイコラスのイライラとこの人でした

・「このハゲェェェ」vs「扇風機破壊」


2017年の流行語大賞に選ばれるのではないかともされている「このハゲェェェ

国会議員としての資質が問われているところ

豊田議員は「イライラした」と発言。

物議を醸している。

そんな豊田議員が凄まじいのは言うまでもないが、巨人にも負けない男がいる。

マイルズ・マイコラスだ。

マイコラスがイライラすることは、多くの野球ファンに知られている。

ふがいない登板の後には球場にある扇風機を破壊する。

その時「このハゲーー」と言っているかは定かではないが、豊田議員を十分に凌駕するイライラ度だ。



・詩吟vs小林誠司のキャッチング


豊田議員は詩吟にも挑戦している。

詩吟による秘書への罵倒はなかなか新手のやり方だ。

あらゆる方法を使って、秘書たちを罵倒し、事務所の職員は100人以上辞職したという話もあるぐらいだ。

同僚に対して厳しい態度であったことは間違いない。

一方、M.マイコラスは去年の同僚の小林という捕手にキャッチングについて大激怒!!

声を荒げた。

去年は小林誠司の髪がフサフサだったが、今年同じことが起これば「このハゲェぇェーーーーーー」案件だ。

小林が丸刈りにしてしまっているからだ。


・まとめ


今回大きな問題が起こっている豊田議員の件。

国会議員として擁護されるものではないが、それと当時に「そんな奴いくらでもいる」という意見があるのも事実。

これからの時代は上司との会話を全てスマホで録音し、それを使って、しっかり自分の権利を主張→録音をYoutube等で公開し、収入を得るといいだろう。

非常にいい作戦だと思う。