巨人が23年ぶりに右打者だけで構成されている。


2試合右打者打線が続きましたが、2試合ともに完封負け。


バルデスはもともと右打者に強いですが、左投手相手に右打者で得点できないのはなぜか?


打線が右打者、左打者に偏る弊害を見ていきます。



・右打者ばかりだと視覚が変わらない


左投手に右打者を並べても、なかなか打てない。

それは「コツをつかませてしまう」ことが要因です。

左投手は右打者のインコースにクロスファイアーと呼ばれる真っすぐを投げます。

適度に左打者が入っていれば、視覚的な変化が生まれるので、コントロールが乱れたりするのですが・・・

ずっと、右打者が並んでいると、一旦右打者の内角に質のいいストレートが決まれば、その後、ずっと質のいいストレートをいいコースに決めれるようになります。

ずっと右打者なので、いったん掴んだいい感覚をそのまま維持しやすいのです。

いいボールを多投されれば、当然打つ可能性は低くなります。



・阿部離脱で左打者不在


阿部離脱したことで、左打者がいなくなりました。

村田でも、そこそこ代わりはできると思っています。

しかし、左打者がいないことによって、投手のコントロールとフォームが安定

いいボールを投げられてしまっています。

巨人の左打者といえば、阿部の他には亀井・橋本到。

・・・

・・・

現状では亀井を入れる等の方法しかなさそうです。


・まとめ~打撃には守備を~


打撃があまりよくなく、点を取れていない。

確かに攻撃はよくありません。

しかし、打撃はまずヒット・四球が出なければなんともなりません。

それよりも、しっかり守備!

できることをしっかりやって、チームの雰囲気を引き締めてもらいたいです。