巨人移籍後、初めて古巣DeNA戦に登板した山口俊。


結果は大炎上。


補強の方向性が改めて問われている。


編成部門の責任は重い



・宮本氏、井端氏に見た「プロ野球の本質」


巨人の堤前GMは慶応野球部主将。

野球経験もあり、野球知識もある方だろう。

その周りにいる編成に携わる人たちも、野球の裏方であり、野球の知識という点ではそれなりにあるはずだ。

しかし、学生野球とプロ野球では決定的に異なる点がある。

それは技術や身体能力という部分だけではない。

井端コーチと元ヤクルト氏の宮本慎也氏が語ってくれた共通点がある。

内野手がエラーした時のことだ。

内野手がエラーしたことを決して忘れてはいけない理由を2人は話してくれている。

学生野球では「チームが負けるから

等という理由になるだろう。

しかし、プロ野球では違う。

宮本・井端両氏はエラーをしてはいけない理由を「投げている投手がエラーきっかけで、クビになってしまうかもしれないから」としている。



・プロ野球補強の難しさ


学生野球はチームのために、一致団結できる。

しかし、プロ野球はそれが難しい。

ライバル選手の活躍=自分のクビに直結してしまうからだ。

補強を一歩間違えると、とんでもないことになりかねないのだ。

山口俊の年俸と菅野智之の年俸。

ベンチに放置された村田修一


学生野球なら、そのような複雑な状況になっても、必死に応援できるが、プロ野球ではそうはいかない。

自分のクビや給料が懸っているからだ。



・まとめ


プロ野球選手は頑張っている。

常に必死だ。

自分のクビが懸っているし、必死そのもの。

しかし、その必死さを阻害する要因がある。

補強によって、チームの士気を下げることがあってはならない。

ゲームなら、いい選手をかき集めれば勝つと思うが、人間のメンタルが左右する現実の勝負では補強すれば勝という単純なものではない。

補強自体が悪ではない。

チームの士気を高める補強が必要だ。