配球批判はいいけど、前の打席と前回対戦時の中身を全て記憶してる??



配球は記憶力が大事なのに、そこが抜け落ちていたら、配球もクソもないじゃん!!


これが配球に対する意見。


この回は外が多いから、強気にインコースを突くべき!!」


「はぁ???」


「前回対戦とその試合の打席のデータをおおまかでもいいから出してくれ」と声を大にして言いたいです。



・菅野対山田で振り返る


7月11日ヤクルト戦での菅野対山田。

第1打席インコースのワンシームをヒット。

第2打席はインコースのワンシームをヒット。

第3打席は外中心の配球で空振り三振。


そして、重要なのは前回対戦!!


前回菅野とヤクルトが対戦したのは5月16日。

日付まではさすがに覚えてませんでした。

でも、この時の対戦は覚えてます。

この時も、7月11日とほぼ同じ。

第2打席までインコースのワンシームで打ち取って、第3打席以降は外で勝負していました。



・打者を迎えれば全球思い出す



野球をテキトーに見てると、何投げたか覚えてられませんよね?

でも、集中していれば、全球記憶することは難しいことではありません。

野球経験者なら、絶対覚えていられるはずです(未経験者の方は難しいです)

バレンティンを迎えれば、バレンティンに投げた球を全球思い出すし、山田を迎えれば、山田に投げた球を全球思い出します。

いろんな予定があったりして、全球集中して見ることは難しいですが、集中して見ていれば、これぐらいは当然です。

というより・・・


野球経験者で覚えられないってあり得るの??


というのが正直な感想です。



・同じ打たれ方をしてもいい場面はある


さて、山田に話を戻すと


第1打席インコースのワンシームをヒット。

第2打席はインコースのワンシームをヒット。

しかも、2打席とも初球。

2打席目は1打席目と全く同じヒットの打たれ方をしています(映像で見ればよりわかります)


しかし、「同じ打たれ方をするなんてけしからん!!!」


なんて言っていてはいけません。

6回の第3打席では外一辺倒で、山田を三振に打ち取っています。

第2打席は0‐0の同点、3回2アウトランナーなしの場面なので、ヒットは打たれてもいい局面。

第3打席は1‐0のリードで、6回ノーアウトランナー1塁だったので、絶対抑えたい局面。


中盤、終盤で外勝負ができるように、第2打席はインコースを攻めた。

その結果、ヒットを打たれてしまったが、重要な局面で一発の可能性が少ない外勝負で抑えることができた。

3回の第2打席に山田にヒットは打たれてしまったが、意味はあった。

ということになります。



・配球の正解は素人にはわからないが、記憶力に正解はある


配球に正解はわかりません。

野球経験者と言っても、プロ野球経験者でなければ、すべて素人。

アマチュアとプロには大きすぎる差があります。


しかし、記憶力には正解があります。


前回対戦、その試合の前の打席で、どのようなボールを投げたかは覚えておくことができます。


配球批判するなら、それまでにどんなボールを投げたかは全球記憶しておいてもらいたいです!