1年間守護神をやってくれる人って、代わりのいないありがたい存在。


その守護神の評価を上げたい!!




どうも、激アツプロ野球人です。


今回は「守護神」について(クローザー、抑とも言われます)


2015年、2016年守護神として、巨人を支えた澤村が8月に復帰との報道がありました。



・1年間守護神をやれる選手


一年間守護神をやり続けられる選手は稀です。

各球団に1人いるかいないか。

希少な存在です。

しかし、9回を投げるので、打たれてしまった時の印象は大きく、守護神の評価は下がりがち。

報われないポジションだと言っても過言ではありません。


そんな中、澤村は2年間守護神を務めました。

過去2年間の防御率は


2015 1.32
2016 2.66


2年にわたって、防御率2点台以下。

2016年の8月以降は調子を落としてしまいましたが、防御率を見ると、力のある投手だというのが分かります。


・澤村拓一8月復帰か?


そんな澤村が去年までの状態で、1軍復帰してくれるとあれば、貴重な戦力。

去年までのように、試合の最後を任されることはおそらくないと思いますが、中継ぎでの活躍が期待されます。

7回までの中継ぎを強化する意味で、非常に重要なポジションになりそうです。



・守護神評価低すぎ!


守護神はチームの核。

いなければ、とんでもないことになります。

今年カミネロがいなくなって、マシソンが崩れ、負けた試合は何試合あったでしょうか?

カミネロが1軍にいなかったのはたった10日間。

もう一度言います。


たった10日間です!!


その間、マシソンが逆転負けを2回も喰らっています。

カミネロにものすごく安定感があるとまでは言えません。

しかし、9回の1イニングを防御率2点台で抑えてくれるピッチャーはなかなかいません。

野手で言えば、主軸級の活躍です。

坂本は別格ですが、マギーに並ぶぐらいの活躍と言って間違いないでしょう!


・1年間1軍に居続けられる選手を甘く見ちゃいけない


1年間1軍に居続けられる選手は偉大です。

今年の巨人の中継ぎで、1軍にずっといる中継ぎはマシソンだけになりました。

そのことを考えると、2年間1軍に居続けた。

そして、守護神を守り続けた澤村の選手としての力の凄さがわかります。


ちょっと1軍に上がって、防御率4点台・5点台→2軍降格というピッチャーではないのです。


1年間1軍にいるピッチャーの凄さをもっとわかってもらいたいし、首脳陣も高く評価するところです、



・まとめ


1人でも戦力が増えることが重要です。

澤村が復帰して、それなりに投げてくれれば、ポストシーズンでも大きな戦力になるでしょう。

澤村の復帰を強く希望します!!