チームには代えのきかない選手が何人か存在する。


野手では坂本勇人。


絶対に代わりがいない選手だ。


そして、先発陣では菅野・田口・マイコラス。


この3人無くして、先発陣は回らない。


そして、もう2人代えのきかない選手がいる。


マシソン、カミネロである。



・今やカミネロの代わりは存在しない


カミネロの代わりは今や存在しない。

守護神としてここまで頑張ってきたカミネロ。

その代わりはもう存在しない。

カミネロは1度登録抹消になった。

カミネロの登録抹消期間、マシソンが抑えを務めることになったが、その間のマシソンの防御率は9.00。

2014年、マシソンは9回に投げると、投球内容が悪くなることが明らかになり、それ以降9回で使われることは限定的だ。

去年の後半戦は澤村が不調で、クライマックスシリーズでは9回に投げることもあった。

しかし、長打性のファールを打たれる等、9回の投球内容は決していいとは言えなかった。

2017年シーズンも、カミネロを登録抹消して、マシソンを抑えにしたが、前述のとおりカミネロ抹消期間の防御率は9.00.

結果を出せていないのが現状だ。


・澤村が復帰しても、守護神はカミネロ


澤村が8月に復帰するのではないかという報道がある。

しかし、肩の怪我明けということもあって、守護神での起用はおそらくないだろう。

復帰したとしても、中継ぎ起用になるはずだ。

となると、守護神の交代はない。

カミネロに頑張ってもらわないといけないし、カミネロが頑張らなければ、巨人は終わりなのだ。



・カミネロが終われば巨人は終わる


カミネロが打たれたら、代わりは誰かいないのかをすぐに探す。

マシソンを抑えにしたら、いいではないかという意見もよく出るし、去年澤村が不調になった時もそういった議論が出た。

しかし、代わりはいない。

カミネロが配置転換されるような状況になれば、それは巨人の浮上の芽が断たれることを意味する。

最低でもAクラスに入って、クライマックスシリーズには出たいところだが、その可能性もなくなるだろう。



・マシソン、カミネロの不調


先日の中日戦で、6‐2から3失点し、ハラハラさせたカミネロ。

大量失点するシーンも目に付くようになってきた。

マシソンも好調とは言い難い。

非常に苦しい状況だが、それは4月から彼ら2人に全てを押し付けてきたツケだ。

マシソン、カミネロは4月から回跨ぎでの起用を余儀なくされ、様々な場面で登板してきた。

序盤からの酷使を心配する声は少なくなかったし、今その起用が影響している可能性もある。

もうあと何試合か登板を見てみないとわからないが、疲労が原因なら、非常に深刻な事態だ。

シーズン最後までもたないかもしれない。



・まとめ~カミネロの代わりはいない~


カミネロの代わりはいない。

カミネロが打たれて、ダメになった=巨人がBクラスで終戦だ。

巨人がAクラスを目指すにはカミネロが本来の調子を取り戻すしかない。