ヤクルトのドラフト1位がまさかのトレードとなった。


2013年ドラフト1位杉浦が日本ハムにトレード。


トレードの相手は日本ハム屋宜照悟。


今回の勝者はズバリヤクルトだ。



・ヤクルト杉浦はいいピッチャー


杉浦のボールは本当に素晴らしい。

杉浦が投げる姿を何度も見ているが、ドラフト1位である所以がわかる。

それだけに、現在の状況は非常にもったいない。

1軍定着とはなっていない現状が杉浦にはあるからだ。


・屋宜と杉浦の比較


そんな杉浦とトレードされることになった屋宜だが、正直ボール自体は杉浦に魅力を感じる。

良い時の杉浦は一軍相手に、7回、8回を投げ切ることができる。

圧倒することも、可能なのだ。

それほどのポテンシャルを持っているのが杉浦というピッチャーだ。

そして、そこまでの能力が屋宜にあるかと言うと、そうとは思えない。

杉浦を見たことがある人間からすると、ヤクルト失敗なのではないかと思うはずだ。


・このようなトレードには裏がある


このようなトレードには裏がある。

杉浦はドラフト1位で獲得したピッチャー。

そんなピッチャーをトレードで出すのはいろいろとリスクがある。

アマチュア球界との関係性等もあって、なかなか難しい。

それでも、このトレードをヤクルトは決行した。

今、杉浦は怪我をしているとのことだが、杉浦のプロ野球人生はほとんどが怪我だと言っていいぐらい怪我の連続だ。

おそらく、今現在も非常に重大な怪我事案があり、それが隠されている可能性が高い。



・今回のトレードはヤクルトの勝利


よって、今回の杉浦と屋宜のトレードはヤクルト側の勝利と見る。

杉浦の怪我は簡単なものではないと推察し、投げ続けることが簡単ではない状態であり、戦力として定着できない可能性が大きい。

それならば、屋宜で少し投手陣を賄おうという考えるのも頷ける。

・まとめ


今回のトレードはドラフト1位のトレードという点で注目されたが、ヤクルトの勝利と言って差し支えないだろう。

しかし、両投手にとって、いいトレードだったと言えるよう、今後2人には頑張って欲しい。

きっかけがあれば、一軍で活躍できるポテンシャルは持っているはずなのだから。