巨人の控えキャッチャー實松一成。


スタメンでの出場はかなり限られていますが、出場した時は味のあるリードを見せてくれます!!


今回は控えキャッチャー實松についてです!!



・見逃しストライクを奪う實松さん


バッターから見逃しのストライクを奪う。

それができれば、なんとピッチングが楽になることか!

簡単にストライクが取れるかは天と地の差。

凄まじい差なのです!!

そんな見逃しストライクを取る手助けをしてくれるのが、巨人の背番号27實松一成!!

打者が変化球待ちと予測すれば、ストレートを要求し、変化球待ちだと予測すれば、ストレートを要求する。

バットを振らせない形で、カウントをどんどん稼いでいく。

ベテランが成せる至極の。いや、極上のワザです!!


・相手の読みのウラを突く


右打者と左投手の対戦の時。

巨人で言うと、田口が登板し、右打者を迎えている時。

第一打席、インコースのスライダーで、空振り三振を取ったとすれば、

第二打席で、バッテリーは「インコーススライダーはもう振らないようにしよう!と意識しているはずだから、真っすぐでカウントを稼ごう」

となるのが、多くの形。

しかし、それからはみ出たものも無数に存在するプロ野球の世界。


一筋縄ではいきません。

そんな相手達から、見逃しを奪う観察眼。

實松さんの日々の努力がうかがい知れます。



・外角外しからの外角真っすぐ


外角に一球ストレートで外した後の外角真っすぐ。

なんとウラを突いた素晴らしいものでしょうか!

外に大きく外した後の外角低めストレートで、見逃し三振を取る實松さん。

当然、いいところに投げたピッチャーもすばらしいですが、そのあまり見られない要求で、打者を手玉に取る實松さんもまた見事。

ほんとうにお見事なのです!!



・まとめ



試合前のノックで、サードへの送球をした時、拍手が起こったりする實松さん。

しかし、それもご愛敬。

實松さんのリードだけで、ご飯3杯は余裕です!!!

最近は出場機会が少ない實松さんですが、實松さんのリードを見る機会があれば、是非「見逃しストライク」に注目あれ!!