どうも、激アツプロ野球人(@gekiatsuyakyu)です。



今回は変化球について。


最近のプロ野球は本当に変化球の種類が多くなりました。どの球種を投げているのか簡単に見分けがつかないほど、今は変化球の種類が多種多様です。


そこで、今回は変化球の種類を総まとめ!!


変化球の種類はどのようなものがあるのか?どのように投げれば曲がるのか?をまとめました。



・変化球一覧



変化球を一覧にしてみました。(左投手と右投手では反対になります)
image
image
以上が変化球一覧です。では、ここからは1つ1つの変化球について、解説します。



・横に変化する変化球一覧


ここでは横に変化球について、解説します。

スライダー

プロのスライダーの球速は130キロ台中盤になることが多い。

カットボール

スライダーよりも曲がりが小さく、その分球速が速い。球速は140キロ前後。


シュート

主にインコースを攻める時に使う。球速は140キロ前後。

ツーシーム

シュート同様の変化だが、若干沈むのが特徴。球速はストレートと変わらない。

ワンシーム


ツーシームに近い動きをするが、ツーシームよりも沈む。球速はストレートと変わらない。



・落ちる変化球一覧


フォーク

真下に落ちる変化球。球速は140キロほど

チェンジアップ

落ちるが、フォーク程鋭くはない。球速も遅めで、バッターのタイミングをずらすのに有効。

スプリット

フォークより球速があり、変化は小さい。速く鋭く落ちる。

ナックル

揺れながら落ちるため、打者が捉えずらいボール。投げるのも難しいため、実際に投げているピッチャーは少ない

パーム

落ちるが、変化が不規則で、天候などの環境にも変化が左右される。投げるピッチャーは少ない。



・その他の変化球一覧


カーブ

斜めに曲がる変化球で、球速が遅め。打者のタイミングを外すのに有効な球

ナックルカーブ

変化自体はカーブと変わらないが、握り方が違う。打者のタイミングを外すのに有効な球

シンカー

カーブとは反対方向に、鋭く落ちる変化球。球速は140キロほどのものが多い。

スクリュー

シンカーとはほぼ同じ変化をするが、シンカーよりも、若干浮き上がってから落ちる。



・変化球について、勉強できるおススメ本


変化球について、勉強できる本が多く出版されいます。

その中から、おススメのものを2つ紹介します!




それと、もう1つは





こちらもおススメの一冊!

どちらか持っておけば、変化球の上達は間違いありません!!


・変化球の種類一覧まとめ


変化球の種類は年々多くなってきています。

プロ野球中継でも、球種を当てるのが難しいです。

しかし、変化球を理解しておくことで、野球がより楽しく見れますし、野球をやっている方は変化球を投げるようになったりします!!

知識は大事です!!

変化球に関する知識をしっかり身につけて、より野球を楽しみましょう!!