2017年9月1日。


ついに、澤村拓一が今シーズン初めての1軍登録。


復帰まで時間はかかったけど、残りは1ヶ月。


澤村には、今の巨人にもたらしてほしいものがある。



・澤村拓一が9月にようやく1軍復帰


登板は10試合あるかないか


澤村が残り試合どれだけ投げても、10試合前後。

その10試合をどう投げてくれるかが、巨人にとって重要なのは言うまでもない。

たった10試合だけど、悔いなく今シーズンを投げ切って欲しい。

巨人の守護神を2シーズン任されたた男。

実力は十分にある。


澤村復帰後の中継ぎ布陣


澤村が復帰しても、守護神という起用にはならないはず。

まずは調整登板をしてから、接戦の場面での起用になると思う。

今の西村のポジションあたりに入って、中継ぎの負担を軽減してほしい!!


マシソン・カミネロ・西村は連投続き


マシソン・カミネロは連投が多く、西村も登板過多気味。

今の巨人の状況を考えると、今後も登板過多は避けられない。

この3人にはフル回転してもらうことになってしまうけど、最後まで踏ん張って欲しいところだ。

この3人にかかる比重は大きい!!


・澤村拓一復帰が巨人にもたらしてほしいもの


ブルペンの引き締まり


澤村は2年間にわたって、ブルペンにいた存在。

いるだけで、ブルペンが引き締まる存在。

その存在感で、ブルペン陣の士気を上げてほしい。

それを願っている。

防御率3点以内で、勝ちパターンへ!

防御率3点以内だったら、勝ちパターンに組み込める。

澤村にはその役割を期待したい。

接戦をヒヤヒヤさせながらも、抑える澤村の姿をまた見たい。



・澤村が2017年の巨人にもたらすもの~まとめ~


澤村が1軍復帰して、中継ぎの層が厚くなった。

とはまだ言えない。

結果を残して、初めて中継ぎの層が厚くなる。

何とか結果を残して、残りわずかだけど、戦力になってほしい。

疲労困憊の中継ぎ陣に澤村の力を!!