こんばんは!




昨日の日本シリーズは見れなかったんですが!





ようやく、試合のおおまかな流れを掴みました!





9回 中崎翔太対西川遥輝





2球で決着!!




しかし、そこに至るまでがいろいろあり





それらを頭に入れて、見ていれば、さぞ面白い試合だっただろうと思うと、見れなかったのが残念でなりません!




さてさて、前置きはこれぐらいで





西川の満塁ホームランまでを振り返っていきます




1-1になった場面までは割愛として





まず重要なのは





西川の前のバッター岡のデッドボール




これは見逃せない要素です。




なぜなら、デッドボールの後のバッター対してはインコース(打者に近いコース)に投げにくくなるからです。




もう一回当てるわけにはいかない。




そういう心理も働きますし、なにより昨日はデッドボールを与えればサヨナラ負けです。




押し出しのデッドボールを与えるわけにはいきません。




こういった心理面の影響があっての打者西川




一球目は外のスライダーボール




アウトコース(打者に遠いコース)から入りました。




そして、2球目





石原の構えはインコースで、中崎もそこに投げていきました。




これは勝負でした。





デッドボールの後は

① 投手がインコースを投げきれないため、アウトコース中心になる

② ①の考えを打者に読まれていると考えて、その裏をかき、インコースを次の打者でも突く





大まかにはこの二つが考えられます。




結局、打者との駆け引きなのです。





あとは、投手の技量となります。





そして、昨日の場面、西川に投げた球はインコースの速い球



すなわち、先ほどの②の考えに沿った考えです。




広島バッテリー(キャッチャーとピッチャーをあわせてバッテリー)は勝負を賭けたといってもいいでしょう。





しかし、結果はホームラン




広島からするとサヨナラ負け。




コースは若干甘くなっているように見えました。




でも、勝負を賭けたのだから、仕方ないと思います。




インコースは甘くなると、ホームランになる可能性が大きくなるコースですが、昨日の西川の場面はヒットでも、ホームランでもサヨナラの場面。





要するにヒットもホームランも同じなのです。




長打がダメという場面ではなく、ヒットや内野安打もダメなのです。




そういうことも踏まえて、勝負にいった石原・中崎のバッテリー。




そして、それを打った西川。




サヨナラ満塁ホームランは史上2人目だそうで、まさに名場面




だったと思います。




長くても、あと2戦




凄まじい戦いを期待しています!!