この度巨人のドラフト指名選手を動画で見てみました。


今回の巨人のドラフト指名選手は




吉川尚輝
畠世周
谷岡竜平
池田駿
高田萌生
大江竜聖
リャオ・レンレイ廖任磊


です。



今回の巨人のドラフトはくじを2回も外して、田中、佐々木を外し、完全にドラフト失敗だったのではないか??



巨人のドラフト戦略が下手だったのではないか??



という意見もありますが、




実際動画で見てみることにしました。




今年、巨人に入団した選手(育成選手は除く)


全て映像の限りみました。




本当に巨人のドラフトが下手だったのか検証していきます!!




まず





  【吉川尚輝】

ドラフト1位/中京学院大/内野手

まず守備面は動きよく、華麗なプレーが目に留まりました。魅せる守備タイプでしょう。


いろんな角度から送球でき、守備面では期待が持てそうです。


また、走塁面もよく、守備、走塁面では一軍の戦力になってくれそうな内野手です。


そうなると打撃面が気になりますが、大学リーグでは、打率3割台後半、4割の経験もあるなど、成績は残しています。



ただ、打撃面に関してはやや課題が残っていると見ます。


動画では広角にヒットを打っていたので、今後の練習、キャンプでの伸び次第ではセカンドなら、一軍主力も狙えると思います。

ショートはまだ巨人では無理でしょうが、セカンドなら十分にチャンスがあると思います。



巨人ドラ1吉川へプロ14年目の村田から貴重な"金言"

     



   【畠世周】


ドラフト2位/投手/近畿大学



映像で見たのですが、その映像の試合で、畠の調子が悪かったのか、コントロールがあまりできてなかった印象です。


もう少し、試合数見れればいいんですが、出ている映像は少なく、実際に試合を見に行きたい感じです。




11月に軟骨除去手術をするようですが、万全を期して、キャンプ以降に臨んでほしいです。



軟骨除去なので、来季には間に合うと思います。


オープン戦で、またどんなボールを投げるのかチェックしていきたいです。





【谷岡竜平】

ドラフト3位/投手/東芝 




コントロールよく投げる印象です。
ストレートは140~145キロ
フォークボールも投げていました。


制球が乱れる印象はなく、そこそこのコースに投げきっていたのが、動画をみた印象です。



打たせて取るタイプに見えます。


ただ、三振を取れるボール。
確実に打ち取れるボールは映像を見た限りなく、コントロールが乱れれば、捉えられてしまうと思いました。


コントロールよく、粘り強いピッチャーになってほしいです。



巨人ドラ3谷岡、初戦敗退も「東芝で教わったことを次の野球人生につなげていけたら」





【池田駿】

ドラフト4位/投手/ヤマハ


左投手で、いいピッチャーだと思うんですが、見た動画での池田投手があまりよくなかったです。



調子が悪かったのか、ほとんどの試合でその動画の状態なのかわかりませんが、貴重なサウスポーです。


今年はドラフト7位の中川投手も、一軍で出ましたし、一軍でのチャンスもなくはないです。




サウスポー不足の巨人を助ける選手となってもらいたいです。



【高田萌生】


ドラフト5位/投手/創志学園


なかなかキレのある真っ直ぐを投げるピッチャーです。甲子園ではだいたい140キロ台前半~中盤のボールが多かったですが、キレを重視してほしいなぁと個人的に思います。



ストレート精度向上は目指してほしいですが、スピードガン追求は辞めてもらいたいです。


数年かけて育てあげ、巨人の一軍主力ピッチャーに成長してもらいたい。


そう願っています。

       


【大江竜聖】

ドラフト6位/投手/二松学舎大付属高

まだまだ粗削りな感じではありますが、キレのあるストレート。曲がりあるスライダーがいい印象です。



特長があるピッチャーに見えたので、長所を消さず育てていってほしいです。


ドラフトにはいろいろな物語がありますね。



【リャオ・レンレイ廖任磊

ドラフト7位/投手/岡山共生高卒

異色の経歴で、身長2m超え、体重は125キロとも言われている謎に包まれたピッチャー


コントロールがかなり悪いようですが、今年に入って改善してきたとの情報あり。


フォアボールがなくなってくれば、通用するのかもしれませんが、このピッチャーは


とにかく謎です。



巨体を活かして、頑張ってほしいです!!


リャオレンレイに阿部が助言を送ってるみたいです。



   
大型ピッチャーに育ってほしいです!!



そして、育成契約選手も掲載したいと思います。


データがあまりなく、名前だけになってしまいますが、ご容赦を!!



去年は育成からも
長谷川潤投手が一軍のマウンドに上がりました。



育成だからといって、チャンスがないわけではありません。



頑張ってほしいです。



育成ドラフト指名選手はこちら↓↓

1位 高井俊     投手 BCL・新潟
2位 加藤脩平 外野手 磐田東高
3位 山川和大 投手 BFL・兵庫
4位 坂本和宜 投手 関西学院大・準硬式
5位 松原聖弥 外野手 明星大
6位 高山竜太朗 捕手 九州産業大
7位 堀岡隼人 投手 青森山田高
8位 松澤裕介 外野手 四国ILplus・香川


このようなメンバーです。


育成メンバーの指名の巨人サイトです。




今後の飛躍を期待しています!!




(まとめ)


さて、今回は巨人のドラフト指名選手について、まとめてみました。



いかがだったでしょうか??



今回のドラフトでは、くじ引きを外してしまい、田中、佐々木が取れなかったという点では、下手なドラフトだったかもしれません。



しかし、その後は内野手で評価が高い吉川を取れたことからも、そこまで下手ではないと思いました。


投手が欲しかったとは思いますが、残っているメンバーの中で、吉川に行くことは間違いではないと思います。



なにより、投手であろうと野手であろうと、一軍で活躍してくれないと意味がないわけですから。




活躍できる見込みがある選手を取るのは当然と思います。




なので、今回のドラフトは今のところ平均点ぐらいはあるのではないでしょうか??


今のところというのは


ドラフトの失敗、成功は4.5年経たないとわからない。



と思っているからです。



ドラフト上位はもちろん2位3位4位の選手がどれだけ活躍できるかもかなり重要な要素です。


そのあたりの選手次第で、初めてドラフトが下手だったか上手だったかがわかると思います。




今回のドラフトが吉と出るように今後のドラフト指名選手の活躍を期待したいです。




今回は巨人だけでしたが、今年も約100人程の選手がプロ野球に入ってきました。



逸材、将来のエースが含まれてるかもしれないので、確認してみると、より野球が楽しめることと思います。






ドラフトをまとめた本日 、雑誌もどんどん出てきています。



僕なんかは雑誌なんかが読みやすいので、以下のような雑誌をめくってます(記事の最下部)




いろんな選手が載っているので、面白いです。



また野球が面白くなるような記事を頑張って書きたいと思います!




よろしくお願いします!



いやぁ、巨人のルーキー活躍してほしい!