こんばんは!




激アツプロ野球人です!!









今回は…






シーズン総括!



そのセ・リーグ編です(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチ★




ということで、今年のセ・リーグを振り返りたいと思います。





まず開幕してからは、ダンゴ状態が続きました。巨人が首位にいることが多かったですが、大きな差はなくという感じです。




横浜だけ取り残された感があったものの、5月に巻き返し、どの球団にもチャンスがあったように思います。




しかし、6月




ここが大きなポイントでした。




交流戦終盤から、



カープの大型連勝。




結局、これが大きかったです。



しかも、交流戦で連勝できたのは非常に大きい!



交流戦を制するものはセ・リーグを制す!



だと思います。




パ・リーグがおおよそ勝つ中で、セ・リーグチームが勝てば、抜け出せます。




それを見事に広島が行い、首位を快走




優勝を果たしました!




巨人も追い上げました。





4.5ゲーム差まで差を詰めた局面がありましたが、広島に逆転サヨナラ負けしたシリーズが結果的に痛かったです。



8月上旬のマツダでの三連戦でしたが、あの試合を取ったとしても、カープ優位だったと思いますが




あの試合を取れなかったことはかなり尾を引いたのは事実でしょう。




この時の澤村は3連投目で、打順の巡りも同じでした。





日本シリーズでも、そうでしたが





同じ相手に3連投すると、打たれる確率が高まる





こう思いました。




同じ相手への3連投は
相当力がある投手じゃないと抑えきれない!!



これを感じたシーズンでした。




8月下旬以降はカープが独走態勢に入り、カープが優勝しました。




結局、カープを追いつめる球団は出てこず、他球団はカープに太刀打ちできない。




そんなシーズンでした。




しかし、来年は違うと見てます。




打線は今年以上の破壊力となると、かなり厳しく、今年より落ちる可能性が高い。


そして、救援陣、先発の黒田が抜け、投手陣に相当な不安があります。




カープは70勝台と見ます



80勝前後勝つチームが出てくれば、そのチームが来年は優勝するでしょう!




最後にシーズンを振り返るカープ優勝と








監督就任した高橋由伸です。






来年もこの二人が熱い闘いを繰り広げるか注目!!