プロ野球審判



過酷であり、魅力ある職業。



なので、今回は



プロ野球審判分析!!




プロ野球にはさまざまな特徴を持った審判たちがいます。



声、動作、誤審。



いろんなところで注目を集めます。



なので、今回は



プロ野球の特徴ある審判達を特集します!




まずは


エントリーNo.1 白井一行(奇声の白井)


白井一行 1977年10月3日生まれ


1997年2月1日入局(20年目)


2000年に初めて一軍戦の審判を務める。


ストライクコールする際に指で「K」の字を作っている。これは白井氏がAKBのファンだからである


甲高い声のストライクコールはプロ野球ファンなら、お馴染み。


「アアアアアアイイィィィ!!!!」??


だ。「このア゙ア゙ア゙ア゙ア゙イイイイイ」


はかなりの高音だ。



球場に響き渡るほどの「アアアアイイイイイ」



球場に響きわたらせるほどの声を出すというのは本当に凄いことである。




この「アアアアイイイイイ」




的な奇声で発せられる球審白井のストライクコールはもはやネタと化している。



2016年シーズンには、通算1000試合出場を果たした白井氏。


去年はプレミア12のアメリカ対メキシコでも球審をしており


その甲高いストライクコールは世界に進出しようとしている。



WBCでも、是非審判を務めてもらいたい!



世界中を虜にすることだろう!



「アアアアイイイイ!!!!」


白井一行
http://npb.jp/umpires/register/51153884.html


エントリーNO.2 山本貴則(牽制無視の山本)


1981年9月29日生まれ


2003年2月1日入局。


クライマックスシリーズ巨人対横浜線の牽制無視で、一躍有名になった山本貴則。


セカンド牽制を判定しないというなかなか見られないシーンを作り出した。


判定しないというのはなかなか見られない。


プレーがかかっていないとか、セーフだったとかいろいろ言い訳があるらしいが、


プレーはかかっていたし、セーフなら、セーフといえばいいので、やはり疑問だ。



その判定をした次の試合で、ブーイングを浴びたのは言うまでもない



WBCでも、2塁牽制を無視してら大変なことになる!


是非辞めて頂きたい。





山本貴則
http://npb.jp/umpires/register/31135117.html



エントリーNo.3 敷田直人(卍の敷田)


1971年10月25日生まれ


1996年2月15日入局


卍で有名な敷田氏。見逃し三振の際に、卍のジェスチャーをすることで有名である。


その卍は球場のどこから見ても、目立って見えるため、非常にわかりやすい。


球場で見てると、非常によくわかる。


私も若干目が悪くなりつつあるので、卍で判定していただけると、非常に見やすい。



目に優しい敷田の卍からは目が離せない。




このようにプロ野球には、特徴をもった審判がかなり存在する。



このような特徴に目を向けて、野球を見るのも面白いはず!



今度のWBCに球審白井が出場することを心から願っている!!