毎年発表されるプロ野球ベストナイン



リーグ毎に、各ポジションで、最もよいとされた選手が選ばれます。



打撃、守備含めた総合力で最も良い選手9人を選ぼう!



というベストナイン。



今年はどんな顔ぶれになるのか、予想してみました(意外と難しい)

   

<セ・リーグ>


・投手部門



早速難関です。


いきなり難しいです。


最優秀防御率の菅野智之


最多勝の野村


勝利数と防御率のバランスでいえば、ジョンソン。



この3人の中から選ばれるのは間違いないと思いますが、この3人から1人えらぶのはとても難しいです。


成績を比較すると


ジョンソン 15勝7敗防御率2.15
野村 16勝3敗 防御率2.71
菅野 9勝6敗 防御率2.01



この中で、私はジョンソンを予想します。



防御率と勝ち数のバランス


そして、ペナント、クライマックスシリーズ、日本シリーズの全てで開幕投手を務めたこと




完全に広島のエースとして、認められています。



それに加えて、沢村賞受賞があります。



優勝チームのエースがやはりふさわしいと思いますし、成績的にも文句はありません。




投手はジョンソンを予想します。




・捕手部門




捕手は石原を予想します。


やはり、ゴールデングラブ賞を取ったこと+チームの優勝が大きいです。




あと、他に打撃成績がいいキャッチャーがいなかったこともあります。



捕手は石原を予想します。




・一塁手部門



一塁はロペスと新井の二択だと思いますが、私は新井を予想します。



打率と打点。これがポイントです。


成績を比較します


ロペス .263 34本塁打 95打点
新井 .300 19本塁打 101打点


ロペスも素晴らしい成績を残していますが、今回は新井と予想します。




・二塁手部門



二塁はヤクルトの山田を予想します。



打撃成績、走塁面で、ずば抜けています。


菊池も非常にいい成績で、守備も素晴らしいですが、山田より成績は下。



ハイレベルな争いですが、山田を予想します。


どちらも、ベストナインにふさわしい成績で、レベルが高いです。



・三塁手部門



三塁は村田修一でしょう。


一年間フルに出たサードが村田しかいません。


次点の川端も100試合ちょっとしか出ていないので、サードは村田で決まりでしょう。



・遊撃手部門



ショートは坂本勇人でしょう。


首位打者を取った+ゴールデングラブ賞なので、ショートは坂本で、間違いないと思います。



・外野手部門



外野手は打撃成績と出場試合数から見て、丸佳浩・鈴木誠也・筒香嘉智の3人と予想します。



他にはライバルはいないと言っていいでしょう!



この3人が1つ抜けた成績だと思います。

  

<ベストナイン予想一覧>




投手 ジョンソン(広島)
捕手 石原慶幸(広島)
一塁 新井貴浩(広島)
二塁 山田哲人(ヤクルト)
三塁 村田修一(巨人)
遊撃 坂本勇人(巨人)
外野 丸佳浩(広島)、鈴木誠也(広島)、筒香嘉智(DeNA)



以上が私の予想です。



当たることを祈っています!




発表は来週あたり!!