プロ野球各球団毎に契約更改が進んでいます。



当然巨人の選手も次々に契約更改しています。



今回は2016年契約更改をまとめてみました。



・巨人の契約更改~投手~


・年俸がアップした投手


菅野 1億3000万→2億3000万
澤村 1億→1億5000万
西村 1億3000万→7800万
田口 1800万→5000万
戸根 2400万→2500万
田原 1800万→4500万

・年俸が現状維持・ダウンした選手


山口 3億2000万→3億2000万
杉内 5000万→5000万
内海 4億0000万→2億0000万
大竹 1億円→7000万
江柄子 1230万→1110万


・巨人の契約更改~野手~

・年俸がアップした野手

坂本 2億5000万→3億5000万
長野 1億7500万→2億2500万
小林 2600万→5000万
橋本 2600万→2900万
寺内 2600万→2800万

・年俸が現状維持・ダウンした選手

阿部 3億2600万→2億6000万
村田 3億円→2億2000万
片岡 8600万→6000万
亀井 7000万→4900万
相川 5500万→4500万
實松 3700万→3700万
立岡 3600万→2900万
松本 2400万→2400万
脇谷 2400万→2160万
堂上 2500万→2000万
吉川大 1700万→1700万
中井 1400万→1400万
藤村 1125万→1100万



・巨人契約更改の感想!異議ありは長野


契約更改の査定項目は本当に詳細で、球団関係者以外は知る由もない


でも、一般ファンからしても、「異議あり」な部分はある。


基本的に今回の更改はだいたい納得できるものだが、長野だけは不満だ。


長野の年俸アップは問題ない。


出場試合数から見ても、年俸アップしなければおかしいと思う。


ただ、もともとの年俸が推定1億7500万円とするならば、今回は2億円がいい線だったのではないかと思う。



・澤村・田原らのダウンは絶対にありえない


澤村や田原らが今季のリリーフの中枢であった。


たまに澤村の年俸をダウンしろなどという意見を聞くことがあります。


しかし、年間60試合投げた選手の給料が下がるというのはあってはならないこと。


当然アップです。


どれだけ一軍の試合に投げたか?


まずそれが最初に評価されることでしょう。


そして、その後に勝ち星・防御率。



登板数は絶対であるべきです。


アップ幅の上下の細かい範囲に関してはいろいろ議論の余地があると思いますが



澤村・田原のアップに関しては何の異論もありません。


<巨人オフシーズン補強関連記事>